京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

あんなこと

橋本

Try&Error じゃ足りない

2022年6月14日(火)

小学生の頃に読んだ漫画に「釣りキチ三平」がありました。

その中で釣りが巧くなるには、短気な方が良いとありました。

気長にじっと待っていても魚は釣れない。

餌はどうか、仕掛けはどうか、ポイントはどうか等、現状駄目なら待つのではなく検討しないと魚は釣れない。

短気に色々と考えをめぐらさないと駄目だというようなことが書いてありました。

 

短気かどうかはともかく、釣りに限らず、結果が出なければ、やり方にこだわらずに、色々と検討して変えなきゃ駄目だというのは道理だと思います。

 

昨年若手のスタッフに「浪人」の話をしました。

 

セラピストで10回以上国家試験に失敗した人がいるんです。

 

私がある人から最初その話を聞いた時、真っ先に思い浮かんだ疑問は「10数年間何をしていたのか」です(正確な回数を聞いてますが差し控えます)。

そのある人が言うには、リハビリの助手として数か所の病院、医院を転々としながら毎年試験に挑戦していたそうです。

 

気が長いにもほどがある。本人的にはやり方(勉強方法や勉強量等で)を変えたつもりなんでしょうけど、結果が出なかったということは変えたというほど変わっていなかったということでしょう。

結局その人がセラピストになれたのは10数年目にして国試専門の予備校に通うことで、全く違うやり方を選択した結果のようです。

 

結果が出なかったら(失敗したら)、終わりというわけではありません。

その人も10数年やり方を変えなかったことは、失敗の自己分析が甘すぎたとしか言いようがありませんが、それだけ長い期間挫けずにTry&Errorを続けたことは立派とは言えます。

 

そもリハビリに限らず医療はTry,Error&Analyzeの連続ですし、それなくして医療の発展などありえません。

 

1回でも100回でも失敗の回数が問題ではなく、失敗しただけの新しい知見がないと駄目だということです。

 

「なんでかわかんないけど失敗した。もう一遍やってみる」は勿論駄目ですし、

「なんでかわかんないけど失敗した。だからお終い」も駄目なんです。

 

「こういう理由で結果が出なかった。だから次はこうやってみる」とか「こういう理由で失敗した。これでは可能性が低いから全く違う方法でやってみる」とかでないと、失敗でもやった意味がないですし、成果はいつまでも出せません。

 

最近、出来なかった、失敗した、わからなかったで、何の分析も対策もないまま放置とか、投げ出す人が多いように思うのですが、気のせいでしょうか。

94233 20220614 0915

94272 20220615    0855

あんなこと

橋本

お金と時間

2022年4月25日(月)

いつぞや、時間、お金、人手をかけてよいものが出来るのは当たり前。時間、お金、人手に制限がある中、やりくりしてどれほど良い結果を出せるのかが腕の見せ所と書いたと思います。

 

「時間」「お金」「人手」どれも無尽蔵ではないわけですから、当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。

 

とくに「お金」はどれほど少ない金額であっても、用途が至極全うであってもホイホイ出せる会社や組織なんて言うものは経営が堅実であればあるほどないと思います。

ましてや結果に結びつかない誤ったお金の使い方は、一つ一つはたいした金額でなくても積もり積もってということもあるわけですから、どうしても慎重に考えなくてはいけません。

 

私も一応管理者ですからその点はよく考えるようにしていますが、「お金を出来るだけ使わない」のには別の理由も大きいです。

 

それはお金をかけなければかけないだけ「早く」出来る(取り掛かれる)というメリットがあるんです。

 

私は怠惰なくせにせっかちという大変我儘な性格なもので、新しい取り組みなんかは出来るだけ早く取り掛かって、出来るだけ早く結果を出したいもので、そうするためには、とりあえずお金も時間も人手もかけないのが一番です(拙速では困りますが)。

 

見方を変えるとお金をかければ相応にじっくり取り組めるという見方もあれば、出来るだけたくさんの人を巻き込むためにお金をかけるという側面もあるのかなと。

 

もう一つ。お金も時間も人手もかけていなければ、下手を打ってもさして責められませんw

 

最近予算もかけてないのに「検討中」で遅々として話がすすまないことにイライラしている私でした。

前にも書きましたが医療業界では100人を超えると「大企業」の分類だそうです。大企業病でせうか?

93223 20220425 1145

93428 20220506 1000

あんなこと

橋本

変える

2022年3月04日(金)

戦争です。

パラリンピックの問題と一緒に思うところを書こうと思いましたが、やめました。

 

ロシアとベラルーシの選手が参加できなくなった件で異論を唱えたかったんですが、この状況では冷静に聞いてくれる人もいなさそうなので。

 

1月の半ばに一度投稿したんですが、その記事が消えてますね。

私の勘違いかなとも思ったんですが、その記事を読んだというスタッフもいたので勘違いじゃないようです。

何処行ったんでせう。現在鋭意捜査中です。

 

以前いたスタッフですが、彼女は新人を指導するコーチの一人でした。

私自身がその彼女と会話をしたのは、面接のときを除けば退職する半年近く前までありませんでした(在籍6年ほどはあったはずですが)。

 

そんな彼女と言葉を交わしたのも、課長が部長に面談してほしいとリストアップした面子の一人としてだったので、それがなければ彼女の退職時に「お世話になりました」「お疲れさん」で終わったはずです。

 

話をしてくれとは言われましたが、特に何をということもなく、話をしたこともないのですから、何を話せばいいのか(コーチなんで教育のことなんでしょうけど)、見当もつかない。ついでに言えば挨拶とかはちゃんと出来る子でしたが、笑顔を見た記憶が私にはなくて、よくわからない人というのが私の印象でした。

 

そんなわけで当日具体的に何を話題にして話せばいいのかよくわからないまま面談に臨みました。

仕方がないのでまずは「何が聞きたい?」と聞いたと思いますが(面談すると呼びつけといて「何が聞きたい」もないもんです)、彼女は今までに出された教育関連の指示のいくつかを上げ、それぞれに彼女なりの考えを加えて行動した結果、まったくうまくいかなかった。何やってもうまくいかなかったということは、相手(若手、新人)や、やり方云々よりも自分の考え方が間違っていたに違いない。ということを10分ほど(本当はもっと短かったかも)怒涛の如く喋られ、「どう考え方を改めればよいのか?」で締められました。

 

「どう考え方を改めればよいのか?」のところではもしかしたら私の呼吸は一時的に止まっていたかもしれません。勿論態度には出さなかったと思いますがそれほど驚きました。

彼女がそれほど喋るということもそうですが、それ以上に「どう考え方を変えればいいのか」には驚きと同時にこちらが思う以上の熱心さで仕事に取り組んでいたのかと感心しました。

 

今までうまくいかないから、うまくいかなかったからどうすればいいのかと聞いてきた人は数多くいますが、どう考え方を変えればいいのか(自分自身をどう変えるのか)聞いてきたのは私の記憶のある限りほとんどいなかったと思います。

 

人は自分の意に沿わない時、周囲の人間や環境を変えようと試みますが、自分自身を変えようとはなかなか思わないものです。ましてや人を指導する立場においてはなおさらでしょう。

周りを変えるより自分を変えるほうが簡単だとはよく言われますが、そう言われるほど通常は誰も自分を変えようとはしないし、言うほど簡単でもありません。

 

残念ではあっても致し方ないことに毎年我がリハビリテーション部でも退職者が出ます。理由は人それぞれですが、残念な理由の一つが「特に不満はないが、環境を変えてみたい」というのがあります。

 

本気でそういうことを言っているとしたら、そういう人は何事も責任転嫁をしがちな人に見えてしまいます。要するに良きにつけ悪しきにつけ全ては「周りのせいだ」と言ってるに等しいと思うわけです。

 

勿論私が人に「ちょっと環境を変えてみたら」と提案することはありますが、そう提案される人って言うのは視野が狭くなっていて身近なところ、目の前にあることにばかり視線が向いていて、俯瞰的にものが見えなくなっていてどっぷり嵌まり込んでいる状態のようです。

 

逆に自ら環境を変えたいという人は目前の問題から目を逸らし、俯瞰的に物を見ているのではなく、隣の芝生ばかりを見ているように思えます。自分自身の見方や考え方を変えれば、周りを変えずともなんぼでも刺激的な経験から問題の打開策まで目の前で得られるかもしれないのに残念なことです。

92106 20220304 1800

92343 20220316 1020

 

あんなこと

橋本

最近

2021年7月19日(月)

ブログが滞りがちです。

 

忙しいわけじゃありませんが、いろいろと考えることが多くて、ブログの方まで手が回りません。

 

最近部署ごとにスタッフに話をする機会がありました(同じ話を都合20回あまり)。

同じ話をするわけだから数回も話をすれば後は慣れたものになるだろうと自分では考えていましたが、豈図らんやまったく慣れない。

毎回、どう話し出そうかと直前まで迷い、話しているさなかにも次に何を話すのか、一瞬わからなくなる始末(いよいよやばいのか)。

先ほど最後の1回を話し終えてきましたけど(ようやく300人近いスタッフ全員に話し終えました)、やっぱり途中で躓いたというか、何を話すかわからなくなりました。

 

まぁ(私が年齢的に)やばいってのもあるかもしれませんし、内容は言えませんが、そもそも口にしたくないようなことを言わなきゃならんからかもしれませんねぇ。

 

まだしばらく喋る日が続きそうです。

87088    20210719 0953

あんなこと

橋本

続きです 年ですかね

2021年5月07日(金)

随分と長く間が開いてしまいました。

グループ内での「大変」で私の脳天気なブログは時節柄合わないので控えていました。

申し訳ありません。

 

この4月グループも大変でしたけど、私個人も結構大変でした。

 

4/7の朝でしたか、目覚めて伸びをした瞬間、ぐわ~~~んんとすごい眩暈が起きて、眩暈と吐気で暫く身動きがとれなくなりました。

2時間もしてちょっとは動けるようになったので、これは2月の事故の後遺症かと、お世話になった病院の脳外科を受診しましたが、これは頭じゃないと耳鼻科へ回され、最終的に「耳石が動いた」という診断でした。

 

眩暈は翌日には収まったんですが、大事をとって5日間休みました。

 

とその話を翌週内科のかかりつけ医に話したら、「まぁ、よくある話だね」と笑いながら言われたんで「よくある話じゃ困るんですよ」と言っていたら、さらに翌週の4/22の夜中目が覚めて寝返りを打った瞬間に、またもや前回より激しい眩暈が来てくれました。

 

嫁さんを起こしたところですぐには動けないし、トイレまで這って行ってげーげーしながら明るくなるのを待ちました。

 

こういう場合、治まるのを待つぐらいしかないので、病院へ行ってもあんまりすることないんですよね。それでもなぜ行くかと言うと、吐き気が激しいので飲食一切が出来なくなるから、脱水を防ぐために点滴だけしに行くんです。

 

良性発作性頭位性めまい症ですが、まぁ説明を読めばさほど深刻でも何でもないんですが、事情を知らない人が見れば、それなりのやばい病気に見えること請け合いです。

 

青白い顔して洗面器を抱えてよろけながら車から車いすに乗り移り、病院の玄関前だというのに、所かまわず洗面器に盛大に戻す場面(当然マスクはできないし飛沫は飛びまくりです)に出くわせば、なにがしか感染る病気かと引かれても仕方がないでしょうね。

 

実際何人かの人はそんな私を見てぎょっとした顔してたみたいだし、私なんか2度目の時はどういう病気かわかった上で、このまま死ぬんじゃなかろうかと思ったし、どっちの場合もたった1日で体重が2㌔以上落ちましたしww

 

年のせいでしょうか、それとももともとの不摂生の結果が今になってつけとなってきてるんでしょうか。

ここのところ大病ではないけれど日常生活に支障が来るような病が毎年のように来ている気がします(顔面麻痺とか、複視とか、眩暈とか首から上ばかりですが)。

 

まぁ年なんでしょうかね。

続きます。

 

PS 私のいる事務所の洗面所には「手洗いの方法」なる張り紙が貼ってあるんですけど、それがどうしても「芋洗いの方法」に見えるのは私だけでしょうか。字面似てますよね。

85293

20210507 1745

あんなこと

橋本

続きです。 やりがい

2021年3月31日(水)

 

例年と違って早や桜がころあいですね。大原の郷は今が見頃です。

 

先にも書きました通り出来るだけ「おりこうさん」で通そうとはしてましたが、入院からしばらくは「寝たきり」に近い状態でしたから、看護師さんにいろいろとお願いせねばならないことも多く、「おりこうさん」どころか「手のかかるオヤジ」だったことは否定できません。

 

入院して数時間で困ったのがベッドのマットレスです。

腰痛持ちの私には柔らかすぎて、そのままだと腰痛が悪化しそうでした。普段なら寝返りしながら躱すという手もあったのですが、首を右なり左なりに向けるだけで眩暈がして吐きそうな状態でしたからできない相談です。

 

というような事情で、じゃあマットレスを変えよう、お願いしますとなったのですが、ちょっとベッドから退いてササっと変えるというわけにもいかず、結局どうしたかというと、看護師さん6人がかりでシーツごと私を揺らさないようにそっと持ち上げて、その間にマットレスを変えるという有り難いが大変申し訳ないことまでしていただきました。

 

その他思うように動けないがために看護師さんには色々と助けていただきました。

 

先日ある会議で看護の管理者の中で「やりがい」を感じている者が少ないという話を聞きました(腹の中ではそれ看護だけの話じゃなかろうて、とはちょっと思いました)。

 

「やりがい」と言うのはその人自身が感じることですから、その人の主観と言うか、価値観に左右されるものなんでしょうが、それだけではなくてその仕事の必要度というか、公益性も多分に影響される要素の一つだと思います。

 

私としてはこれほど人に感謝される仕事をしながら「やりがい」を感じないとは何事かとは思いましたが、人が(患者さんが)どれほど感謝しているか知らなかったら「やりがい」も感じ難い話かもしれない。

 

ではうちの看護師は患者さんの感謝の気持ちを知らないのか。

まぁ認知症で右も左もわからなかったり、悪態をつく患者さんであればごく一部とはいえ感謝の気持ちが伝わってこないこともあるでしょうが、たいていの患者さんは「ありがとう」の一言くらいは言っていただいていますし、言わずともそう思っている方も多いと思います(多分)。

 

いやいやいや、感謝の言葉ではなくて、まずは患者さんがどれほど困っていたのか気付かなければ患者さんの「ありがとう」も通り一遍の言葉としか感じられないんじゃないか…

 

 

ここに問題があるのかも。

ここ数年「患者の身になって考えろ」って言うの止めたというか、意味がないことに気がつきました。たいていの場合何かしらやらかしたセラピストに「患者の身になって考えたのか」と聞くと「考えた」割にはすっとこどっこいと言うざまで、返す刀で「自分の身になって考てみたのか」と言うと存外違う結論が出てくることが多いことに気がつきました。

 

わかりやすく具体的に言うと

 

「右腕が動かないAさんの気持ちになって考える」

「右腕が動かない自分とはどんな気持ちか考える」

 

これ同じようでいて全く違います。

よく皆が考えている前者のパターンは、以前にも書いたようにAさんの価値観が分かるわけないのでいい加減だったり明後日の方向の結論になったりする。後者は自分の価値観で考えるので地に足がついた結論になる。

とは言ってもAさんと自分の価値観が同じとは限らないので万事同じ結果とはならないのかもしれませんが。

 

「他人の身になって考える」ということがよくわからない人でも自分の気持ちにはストレートなもんで「自分だったら」と考えるように促すと割とすんなり誰にも納得できるような結論が出せるみたいです。

 

ですから今の時代「他人の身になって」と言うより「自分だったらどうか」と示唆するのが正しい導き方に思います。

 

勿論先にも書いたように考える人間の価値観が大きく世間とずれているようなら、創造的な才能を必要とする職業には向いているかもしれませんが、医療福祉の分野や一般の必要ビジネスには向いていないということになりかねません。

 

話が大きく逸れました。

 

看護に限らず医療の仕事にやりがいを感じられないのは、

患者の感謝の気持ちが感じられないからじゃないのか。

感謝の気持ちを感じられないのは、

患者の困っている状況を理解できていないからじゃないのか。

患者の困っている状況を理解できないのは、

患者のことを理解できもしないくせに患者の身になって考えようとするからではないのか。

 

本当は患者の身になって考えるのではなく、

自分「だったら」どう感じるのか、どう思うのか考えるのがいいのではないのか。

 

勿論それだけの理由でやりがいを感じないんじゃないでしょうけど。

 

と、やりがいについてそんなことをグルグルクドクドと考えてみました。

 

続きます。

83840 20210331 1700

84333 20210412 0840

 

あんなこと

橋本

あけましておめでとうございます

2021年1月01日(金)

今年もよろしくお願いいたします。

本年も私たちは

 

〇患者さんの自立

 

〇ご家族の介護負担軽減

 

〇安心の提供

 

をリハビリテーションの目標にサービスを提供してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☝が今年の初日の出です。

昨年は晴れでしたが低い場所に雲があって撮れませんでした。

今年もご覧の通り雲がかかっていましたが、3分遅れぐらいで撮影できました。

 

コロナ禍の為か、このご来光のように今一つ気持ちが晴れませんが、ワクチンの接種が進めば、曙光の兆しも見えてくると信じて、頑張りましょう。

 

今日は近衛リハビリテーション病院で朝の申し送りの後で大原へ出勤しましたが、例年の正月と違い今年はお見舞いをお断りしているので、患者さんにとっても、ご家族にとっても、病院にとっても寂しい正月となってしまいました。

 

患者さんにとってはリハビリテーションの一層の励みになるのは間違いないはずですが、いまだ増え続ける感染者数を見れば感染予防のためには致し方ないこととはいえ、残念です。

 

辛抱々々

81182

20210101 1520

あんなこと

橋本

一言

2020年12月01日(火)

どうしても一言言いたいときって、自分が間違ってるなんて毛筋ほども疑ってないときじゃないですか?

 

一番危うい時ですよね。皆さんはどう思いますか?

80186

20201201 1145

あんなこと

橋本

規則正しい生活(その2)

2020年11月06日(金)

先日何かで、通常健康な人間でも床に入って入眠するまでに15分はかかる。5分以内の入眠は気絶、と書いてあるのを読みました。

 

私はほぼ毎日毎晩気絶していることになりますww

 

体温計を脇にはさんだまま、血圧計を腕に巻いたまま、テレビ、電気スタンドはつけっぱなしで寝入ってしまうなど日常茶飯事。

要は疲れてるんでしょうね。歩く以外は疲れるようなことしてませんが。

 

30台までは寝つきが悪くて、床に入っても1~2時間は眠れないって言うのがざらでしたから、私としては気絶だろうが何だろうが、すぐに眠れるというのは有難いです。

 

若いスタッフと面談していると時折休日はどうしているのかとの質問がたまにあります。

 

何故そんなことを聞くのかと言うと、日頃仕事で疲れているので休みは何もせず家にじっとしているのだが、全然疲れが取れないということらしいです。

 

疲れるというのは脳みそに疲れたと感じさせる物質が体内に蓄積されるからで、その物質を除去するには代謝を促進するしかない。

代謝を促進するには適度な運動が必要。

 

したがって休日に疲れを解消しようと思うなら、家にこもるのではなく、少なくとも1時間程度の散歩でもして代謝を促進しないと解決しないようです。

 

それはともかく最近若いスタッフと直接話したり、管理者と話したりしていると、腹が減れば食べる、減らないなら食べない、疲れたら休む、疲れてないなら休まないという人が増えているように感じます。

 

なんだそんなの当たり前のことをやってるだけじゃないかと思う向きもあるでしょうが、そうじゃないと思います。

 

俗に「寝食を忘れて」という言葉があるように、「腹が減る、減らない」「疲れる、疲れない」には少なからず主観が入りがちで、例え我が事であってもあてにならないと思っています。

 

随分前ですが、仕事の合間に上司に言われたことがあります。「お前ここ1か月しんどそうだな」。それ言われるまで自分が疲れていることに気づきませんでした(この怠け者が寝食忘れて仕事に没頭していたわけでもないんですけど)。実のところしんどいとは思っていましたが、疲れているとは考えもしませんでした。

言われて何故かほっとして、さっさと休んだことを覚えています。

 

自分では疲れていない、腹が減っていないつもりでも、実際にはそうでないことも少なくないと思います。

 

だから例え腹が減ってなくとも決まった時間に何か口に入れる。疲れてなかろうが眠くなかろうが決まった時間に床に入るという習慣は大事ではなかろうかと。

 

今夏も酷暑でメディアでもよく言ってましたね。例え喉が渇いていなくても定期的に水分を摂るようにと。

 

最近体調を崩しやすいのは、本来頑健であるはずの若手スタッフです。色々と聞いていると朝食抜き、食事はコンビニ弁当ばかり、夜っぴてゲームをして過ごすとか。

規則正しい生活とは言い難い。

 

一度習慣からずれると1週間は尾を引く私とは違って、若い人はすぐにもリカバリーできるんでしょうけど、それでも不規則な生活のつけは少しずつ澱のように溜まっていくものです。

 

どれほど口酸っぱくして言っても、若い人は聞きませんけどね。

因みに「規則正しい生活(その1)」はここ。

79545

20201106 1030

あんなこと

橋本

〇〇の自由

2020年10月14日(水)

前回常識の範囲が狭まると書きましたが「間違い」でした。間違いと言うか誤解のなきよう書くと、私の常識の範囲が狭まると言うことです。

古い世代の価値観での常識が常識でなくなり、若い世代の価値観で新しい常識ができる。新しい価値観についていけない人にとっては常識の範囲が狭まる。

 

話は変わりますが松本清張の短編に「空白の意匠」と言うのがあります。

書評では地方新聞と広告主(あるいは広告代理店)との力関係だとか、新聞社内部の社会部と営業部の考え方の違いだとか、報道の自由だとか色々と書かれていました。私は高校生の時分に読んだのですが、あまりの理不尽な結末に何かを読み間違えたかともう一度最初から読み返した覚えがあります(後年嫁さんも書棚にあるのを引っ張り出して読んでみて同じように読み返したそうです。興味ある方もいるやもしれませんのでネタバレもアラスジもなしで)。

 

高校生の私はこれを読んで社会に出れば理不尽なこともままあるという覚悟を持った覚えがありますが(それに耐えられるかどうかの自信は勿論なかったです)、幸い仕事においては勤め先が良かったのか、私が脳天気で馬鹿なのか、鈍感なのか理不尽な思いをした記憶はありません。

 

今学術会議の選に漏れた先生方は理不尽な思いをされているんでしょうか。通常問題なく選ばれるものが選ばれない、理由の説明も漠として具体的に自分に不適当な事情があったかどうかもわかりにくい、当事者からすれば理不尽な思いがあったかもしれません。

 

マスコミは言論・学問の自由の侵害だと喧しいですが、何からの自由を意図しているかにもよりますが、(お金と言う)ひもがついたものに自由なんかないのじゃないかなと思います。

 

言論と学問の自由を堅持しようと思うなら、お国からのお金は断って自前でやればいいだけです。

 

マスコミがそれを指摘しないのは、言えばそのまんま広告主の意向には逆らえない自分に返ってくるからでしょう。

 

人間が社会生活を営む以上諸々の制約が生じますし、義理人情も生まれます。諸々の制約を無視すれば犯罪者になりかねないし、義理人情を無視すればヒトデナシです。

 

それを自由のない窮屈と感じるのか、社会生活上必要なものと考えるのか。

 

義理人情は言い換えると「しがらみ」です。しがらみのない生き方と言うのは随分に魅力的に見えますがそれは自分一人に限っての話で、誰もがしがらみのない生活を送ろうとすれば随分と殺伐とした味気ない感じがするのは私だけでしょうか。

79055

20201014 0930

 


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

タグ