京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

橋本

調べる

2019年3月08日(金)

先週は久しぶりの土日休みだと(その前は仕事で潰れた…、その前は(ry)。のんびりしよう、映画でも行こうかとネットで調べたら、近くの映画館で「大統領の陰謀」をやってました。

 

嫁さんに映画に行ってくると言ったら「トランプの?」と言う反応でした。

5つ下の嫁さんの反応はそんなもんでしょうが、当時私も事件の詳細はわかりませんでしたが同じ時期にやばいことやって日米のトップ(田中角栄とリチャード・ニクソン)が辞めたと言うのは小学生ながらにかなりの印象を残しました。

 

で、「大統領の陰謀」ですけど公開年が1976年です。ワシントンポスト紙の2人の記者ウッドワードとバーンスタインがウォーターゲート事件を暴いていく筋ですが、50年近く前の話だけに今の30台、20台の人には驚くと言うか、理解しがたいような描写もあるなぁとちょっと違う視点で観ていました。

 

ウッドワード役のロバート・レッドフォードは今も昔も変わらないヘアスタイルですが、バーンスタイン役のダスティン・ホフマンなんか当時流行のロン毛ですよ。しかも編集局内どころかエレベーターの中でもスパスパタバコ吸ってるし(古い映画なんか見ると、私なんかはタバコのシーンに一番時代を感じます)。

 

当然映画では2人の取材活動が描写されるわけですが、あらためて1970年代がどういう時代だったか思い出しました。

 

国会図書館である文書が誰に貸し出されたか調べる→PCなどはないから数千枚に及ぶ貸出カードを1枚1枚確認していく。

あるホワイトハウス職員が何者なのか調べる→人に聞く

取材を申し込む→固定電話(留守電機能なし)で電話する

 

取材メモが手書きなのは今も昔も変わらないでしょうが、当時は携帯録音機なども(テープであってもメモリーカードであっても)ない時代ですからすべてがメモの時代。

 

映画を見ながら筋立てもさることながら、あぁそんなだったなぁと思い出しました。

そういう時代を経験してきたにもかかわらず、ネットないといろいろ不便だよなぁと思うということはやっぱり「今」に馴染んでいるってことでしょうか。

 

高校生の時分に理学療法士になろうと考え、進路指導室から書店の受験雑誌までいろいろと資料を渉猟し全国養成校一覧はないかと探し回って結局見つけられなかったことを思い出しました(本当は自宅から電車で通えるところに学校が開設されたばかりでしたが、それを知ったのは別の学校に入学して2年後でした)。

 

とにかく何かを調べようとしたら、図書館や書店で「それ」が書いてある本を探すしかなかったんですが、何処を(何を)探すかわからないで途方に暮れるなんてことは良くありました。

何処を探せばよいかわからなかったらあとは人に聞くしかなくなるわけですが、適切な質問を適切な相手にしないと適切な答えは得られないわけで、適切な相手も質問もわからなければ五里霧中になるわけです。

 

今でもどこを探せばよいかわからないってことはありますが、それと思しき単語をいくつか並べて検索ボタンを押していればそのうち必要な情報にたどり着けます。

 

映画を見ていると当時は「調べる」ことさえ頭を働かせる必要があったなぁと思い出しました。

ようやく手に入れた「答え」は頭に刻み込まれ容易に忘れる事さえ出来なくなります。

簡単に手に入れることが出来た「答え」は忘れる事もあっという間です。

今時の学生は学校でも「聞く」だけで勉強した気になってるので覚える事もままならないようです。

 

なんか最近推敲しても身が入らず、文章が荒れてるような気がします。

63975

20190308 1340

そんなこと

遠藤

もう国家試験が終わりましたね

2019年3月04日(月)

今日は雨が降っています。
昨日はひな祭りでしたね。

 

3月になって、いろんなところで梅が咲いているのを見かけます。
大原でも梅が咲き始めています。
少し暖かくなりつつある証拠ですね。

 

天気が良ければ散歩して、梅の香りも堪能したいところです。

 

そんな中、
国家試験も終わって養成校の学生さんは
学生生活もちょっと力が抜けたのではないかと思います。
まあ、受かるかどうかドキドキ感もあるとは思いますが、後の祭りですから。
そして、就職先への引っ越しとか、新生活への準備を始めているかもしれませんね。

 

職場への不安もあるでしょうが、期待が大きい時ではないでしょうか。

 

ところで、目標は持っていますか?
テストで点数を取ること、国家試験に受かることや卒業すること、就職すること、取り敢えず一人前になることが目標になってませんか?

それだと、目標を見失ってしまいます。
今は、どんな療法士になりたいかイメージしておいて下さい。
そしたら、そのために何をした方が良いのか、どうすればよいのかにつながると思います。
そんな思いを持っていることが仕事をするうえでの強さにつながることになります。

 

仕事って、誰かのせいにしたところで全部自分のせいと同じです。
自分のために自分がしていることの結果だという自覚が必要です。

 

そのうえで、
どんな自分づくりをして、
そんな自分が、どんな仕事ができるのか
楽しみにしながら頑張ってもらったらと思います。

 

目標をもって仕事を頑張るほどに

自分にとっての楽しみが出てくるはずですよ。
一緒に療法士として頑張っていきましょう。

そんなこと

遠藤

新しいツール

2019年2月18日(月)

博寿苑のリハビリ室に、以前から欲しかったリハビリのツールが届きました。

 

お花のペグです。

 

リハビリに使用する訓練用の一般的なペグは、

穴の開いた板に、棒をさしていくものです。

棒を正確に、素早く、

さしていったり、抜いていったり、さしている棒をひっくり返したりする道具です。

 

今回導入したペグは、その棒の上に様々な造花がついているものです。

穴の空いた板にさしていくと

フラワーアレンジメントや生け花のように

お花をきれいに飾ることができます。

 

ただ手の機能訓練をするだけなら不要なおまけですが、

お花がついていることで、楽しみながら、

そして、きれいにするために

いろいろ頭を働かせてペグをさしたり抜いたりすることになります。

 

それに、ただ片付けるのではなく、飾るということができる道具です。

花があるだけでとっても華やかです。

 

 

きれいと思いませんか?

 

ちょっと自分でもやってみようって思いませんか?

 

きれいな状態にするために丁寧に触ろうとか、お花を整えようと思いませんか?

 

やり始めたら、あーでもないこーでもない、こっちの方がいいかな、とか考えると思いませんか?

 

そんなことが頭を使って、手を使うリハビリになると思っています。

そして、心も動くと思っています。

 

心や頭や体をいい状態にする何かをする。

そんなことで生活の質を高める。

それがリハビリですよね。

 

そんなこと

遠藤

大晦日も雪が舞ったよ

2018年12月31日(月)

今年も今日まで、

明日から新しい年が始まります。

 

今朝も大原付近には雪が舞っていました。

その雪で白くなっていた朝と、溶けた15時ごろの写真です。

 

 

 

 

 

 

 

大原はまだこんなものですが、

昨日、滋賀県の朽木の写真を知り合いが送ってくれましたが、

どっかり雪が積もっていました。

なので、朽木スキー場もオープンするって書いてました。

スキー場の方からしたら、やっと雪が積もったって感じなんでしょうか。

 

ウィンタースポーツの季節です。

楽しむのはいいのですが、ケガをしないように気を付けてください。

私も子供とスキー場に行きたいと思っていますが、ケガはしないように気を付けたいと思います。

 

本年(2018年)中は お付き合いいただきありがとうございました。

来年(2019年)も よろしくお願い申し上げます。

 

そんなこと

橋本

今更聞くなよ

2018年12月27日(木)

ご無沙汰でした。

忙しいわけではありませんが、ゆっくり腰を落ち着けて文章を紡ぐゆとりがありませんでした。

「師走」ならぬ「士走」です(まぁ。膝が痛いんで走っちゃいませんが、ゆるゆる歩いています)。

 

今日も午後から採用試験と面接があります。

面接は人事担当者とリハ部の課長と私の3人で行うわけですが、最初に人事担当者からの質疑応答、次いで課長、最後に私が学生に質問するわけですが、私の順番の時には先の二人があらかた聞いておくべきことは聞いてるわけで、私からは聞くことなんてないなぁと言う状態なんです。

 

例え私が飾りであっても黙っているわけにもいかないんで、とりあえず何か聞かなきゃといって聞くのが、「何か聞いておきたいことはないか」です。

大抵の場合「寮は」とか「御社が求める人材とは」とか求人資料を読むなり、見学のさいに聞いておけばいいような話であるか、結構よく聞かれるのが「国試が終わって、就職までに準備しておくべきことは」という限りなく後の祭に近い質問だったりします。

 

国試が終わって就職までの期間は大体1か月前後です。就職までに準備しておくべきこととは大学なり専門学校の在籍期間3~4年の間に時間をかけてやっておくべきことであって、1か月かそこらで身につくものなんて何もないでしょう。例えば基本的な社会人としてのマナーなどは「基本的な」だけに社会に出るまでに身につけておくべきことなんでしょうが、挨拶できないってのは足元でも巷間でもよく聞きますが、遅刻すら平気でやりますからねぇ。

 

ですから学生の質問に対する私の答えは「とりあえず仕事の事も勉強の事も忘れて遊べ」です。どうせ準備しようとしたってそうするべき時にやらなかったり身につけられなかった奴が、短期間で自主的に出来るわけもないので遊べるときに遊んどけってだけの話です。

 

年内にあと1回ブログが書けたらいいなと思っています。

62013

20181227 1200

そんなこと

遠藤

懐かしい同窓会

2018年12月11日(火)

寒いですね。

今朝は、霜が降りていました。

 

散ったもみじに霜が降りています。

秋から冬に変わった気がしませんか?


先日、

小学校の同窓会に行って来ました。
小学校から中学校、高校まで一緒だった友達も少しいますが、小学校以来の友達だと、
約30年ぶりに会ったことになります。

先生方は本当に30年ぶりでしたが、

僕らよりも元気で、山へ歩きに出かけたり、今も子供を指導されていたり、

活動されているとのことでした。

 

最初、みんな顔がわからなかったです。
話していると、笑顔が昔の顔でした。
それぞれ、おじさんおばさんになってはいますが、笑った顔は昔のままでした。

 

みんなの笑顔を見ていると
昔の記憶も少しずつ戻ってきました。
小学校の頃の友達は一番垣根が無くていいなぁって思いました。

仕事も生活場所もみんな違いますが、同じ目線で会話できる楽しい時間でした。

 

笑顔になれる。笑顔を見せる。笑顔で話す。って大事ですね。

人の記憶に残る自分も笑顔であってほしいですね。

互いの笑顔が記憶に残っている関係でありたいですね。

 

最初からビールをずーっと飲んでいましたが、

終電に間に合うように二次会を途中で抜けた私でも

合計8時間近く飲んでいたようです。

後に残った同級生たちはどれほど飲んでいたのかな?

…もちろん朝まで。

 

そんなこと

遠藤

そんなところ

2018年11月28日(水)

「コミュニケーションが得意」
「挨拶している」
「フィードバックしている」
自分で威勢よく言う人ほどちゃんとできているかあやしいと思ってます。

 

どれも同じようなことですが、
「得意」「している」って言う人のなかには、
自分の言いたいことを言えてるっていうのが基準になっている人がいるように思います。

 

そこには、
相手に聞こえている。
相手に正しく伝わっている。
相手がどう思っている。
相手が言いたいことが言えている。
っていうのが入っていない人がいるのです。

 

もちろんそんな人には相手と話し合えているはずもないのに、
「話し合って決めました」とか、「ちゃんと伝えています」って自信まんまんに言ったりします。

 

そして、その話を信じて相手のところにいくと、いろいろ食い違いがある。っていうのをよく経験しました。
そして、そこでちゃんと会話するとわかってもらえることがいくつもありました。

 

自分自身でも、
自分が話したことが相手に間違ってとらえられたり、
相手の話を勘違いしたりしますので、

仕事中はそんなことが起きないように気をつけようと思っています。

 

これから〇〇療法士になろうと思っている皆さんには、

テクニックや知識だけでなく、そんなところも大事だと、
心に留めておいて欲しいです。

 

今日はカンファレンスがあります。
私も、ちゃんと伝えられるように頑張ってきますね。

そんなこと

遠藤

紅葉

2018年11月12日(月)

休みの日に外出すると、人がいっぱい歩いています。

着物を着ている方もちらほら見かけます。

 

紅葉の季節ですから、人が多いのも当然ですね。

右は「おおはら雅の郷」で今朝とった写真です。

 

紅葉が赤くなる季節です。

寒くなってくる季節でもあります。

一日の気温も朝、昼、晩と気温差があります。

 

外出時は、家を出るとき、目的地で過ごす時間、家に帰ってくるときで

長袖を一枚増やす、薄着になる、防寒着を羽織る

って装いも変えないと体にこたえます。

 

体調を崩さないように気温に合わせて服装も調整しましょう。

紅葉狩りには、帰りの冷え込みも考えて

準備してお出かけしてください。

 

 

そんなこと

遠藤

職場選び

2018年9月17日(月)

誰かのせいにしていること有りませんか?

 

例えば誰かに何かを任せて、
その誰かが失敗したり、していなかったりしたとき、
その誰かのせいにしていませんか。

 

それは、その誰かも悪いのかもしれませんが、
誰かに任せた自分が悪いって思いませんか。

 

何事も誰かのせいにすることもできますが、
自分のせいだって思うこともできます。

 

どんな職場も職場の誰かのせいにできるかもしれませんが、
そもそも、その職場を選んで、勤め続けているのは自分です。
中には誰かに勧められたからこの職場に決めた。
と、決めることまで誰かのせいにしている人もいるようですが、
全て自分が選んで今この瞬間、ここに至っていると思うこともできるのです。

 

今この瞬間も就職先探しをしている学生さんがいると思いますが、
自分で決めた職場だと言える思いを持って就職してほしいです。

 

人に勧められても、最後に自分の目で職場を見て、自分で決める。
他人のせいにしないということは、自分の決定を尊重することでもあります。
だからこそ、自分の至らない点が失敗に繋がったと自覚できるってことでもあります。

 

 

何かあるごとに反省しながら、
欠点だらけの自分に落ち込みながら、
それでもちょっとは前を向いて仕事する。

そんな感じに日々を過ごしている
できの悪~い先輩より、
失敗しない職場選びの心得でした。

そんなこと

遠藤

地蔵盆

2018年8月21日(火)

皆さんのところでは地蔵盆ってありますか?

地蔵盆は関西の風習のようですが、私が住む地域も地蔵盆があります。

先週末に朝から公園にテント立てて、提灯吊って、お地蔵様にお供えして、お坊様にお経をお願いして、お話を聞いて、

お昼を食べたら、子どもたちがおやつをもらって、福引きをしたり、ゲームや水遊びを子どもたちがしていました。

そして、夜は懇親会で、夜まで子どもたちが真っ暗になった中でも遊んでいました。

私の町内では地蔵盆はそんな一日になります。

 

町内中の子供がお菓子と福引きを目当てに集まってきますので、こんなに子供がいたんだなって気づくことができる日です。

小さな公園いっぱいに人が集まってきます。

にぎやかで明るい一日でした。

こうやって次の世代がいる、次につながる子がいるって思うと、ちょっと心強く感じます。

 

仕事でもやっぱり、次が育っているって実感できることがとっても嬉しいですね。

新人も4月から数えて4ヶ月です。

育ってきているところも少し見えてきます。

もっともっと育ってほしいですね。

 

育って、自信がついたらすぐ巣立つ子もいるでしょう。

でも、

育って、よりよい職場を作っていく力になってほしいですし、

次の子をさらに育てて、増やしてもらいたいですね。


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

タグ