京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

遠藤

大晦日も雪が舞ったよ

2018年12月31日(月)

今年も今日まで、

明日から新しい年が始まります。

 

今朝も大原付近には雪が舞っていました。

その雪で白くなっていた朝と、溶けた15時ごろの写真です。

 

 

 

 

 

 

 

大原はまだこんなものですが、

昨日、滋賀県の朽木の写真を知り合いが送ってくれましたが、

どっかり雪が積もっていました。

なので、朽木スキー場もオープンするって書いてました。

スキー場の方からしたら、やっと雪が積もったって感じなんでしょうか。

 

ウィンタースポーツの季節です。

楽しむのはいいのですが、ケガをしないように気を付けてください。

私も子供とスキー場に行きたいと思っていますが、ケガはしないように気を付けたいと思います。

 

本年(2018年)中は お付き合いいただきありがとうございました。

来年(2019年)も よろしくお願い申し上げます。

 

そんなこと

橋本

今更聞くなよ

2018年12月27日(木)

ご無沙汰でした。

忙しいわけではありませんが、ゆっくり腰を落ち着けて文章を紡ぐゆとりがありませんでした。

「師走」ならぬ「士走」です(まぁ。膝が痛いんで走っちゃいませんが、ゆるゆる歩いています)。

 

今日も午後から採用試験と面接があります。

面接は人事担当者とリハ部の課長と私の3人で行うわけですが、最初に人事担当者からの質疑応答、次いで課長、最後に私が学生に質問するわけですが、私の順番の時には先の二人があらかた聞いておくべきことは聞いてるわけで、私からは聞くことなんてないなぁと言う状態なんです。

 

例え私が飾りであっても黙っているわけにもいかないんで、とりあえず何か聞かなきゃといって聞くのが、「何か聞いておきたいことはないか」です。

大抵の場合「寮は」とか「御社が求める人材とは」とか求人資料を読むなり、見学のさいに聞いておけばいいような話であるか、結構よく聞かれるのが「国試が終わって、就職までに準備しておくべきことは」という限りなく後の祭に近い質問だったりします。

 

国試が終わって就職までの期間は大体1か月前後です。就職までに準備しておくべきこととは大学なり専門学校の在籍期間3~4年の間に時間をかけてやっておくべきことであって、1か月かそこらで身につくものなんて何もないでしょう。例えば基本的な社会人としてのマナーなどは「基本的な」だけに社会に出るまでに身につけておくべきことなんでしょうが、挨拶できないってのは足元でも巷間でもよく聞きますが、遅刻すら平気でやりますからねぇ。

 

ですから学生の質問に対する私の答えは「とりあえず仕事の事も勉強の事も忘れて遊べ」です。どうせ準備しようとしたってそうするべき時にやらなかったり身につけられなかった奴が、短期間で自主的に出来るわけもないので遊べるときに遊んどけってだけの話です。

 

年内にあと1回ブログが書けたらいいなと思っています。

62013

20181227 1200

そんなこと

遠藤

懐かしい同窓会

2018年12月11日(火)

寒いですね。

今朝は、霜が降りていました。

 

散ったもみじに霜が降りています。

秋から冬に変わった気がしませんか?


先日、

小学校の同窓会に行って来ました。
小学校から中学校、高校まで一緒だった友達も少しいますが、小学校以来の友達だと、
約30年ぶりに会ったことになります。

先生方は本当に30年ぶりでしたが、

僕らよりも元気で、山へ歩きに出かけたり、今も子供を指導されていたり、

活動されているとのことでした。

 

最初、みんな顔がわからなかったです。
話していると、笑顔が昔の顔でした。
それぞれ、おじさんおばさんになってはいますが、笑った顔は昔のままでした。

 

みんなの笑顔を見ていると
昔の記憶も少しずつ戻ってきました。
小学校の頃の友達は一番垣根が無くていいなぁって思いました。

仕事も生活場所もみんな違いますが、同じ目線で会話できる楽しい時間でした。

 

笑顔になれる。笑顔を見せる。笑顔で話す。って大事ですね。

人の記憶に残る自分も笑顔であってほしいですね。

互いの笑顔が記憶に残っている関係でありたいですね。

 

最初からビールをずーっと飲んでいましたが、

終電に間に合うように二次会を途中で抜けた私でも

合計8時間近く飲んでいたようです。

後に残った同級生たちはどれほど飲んでいたのかな?

…もちろん朝まで。

 

そんなこと

遠藤

そんなところ

2018年11月28日(水)

「コミュニケーションが得意」
「挨拶している」
「フィードバックしている」
自分で威勢よく言う人ほどちゃんとできているかあやしいと思ってます。

 

どれも同じようなことですが、
「得意」「している」って言う人のなかには、
自分の言いたいことを言えてるっていうのが基準になっている人がいるように思います。

 

そこには、
相手に聞こえている。
相手に正しく伝わっている。
相手がどう思っている。
相手が言いたいことが言えている。
っていうのが入っていない人がいるのです。

 

もちろんそんな人には相手と話し合えているはずもないのに、
「話し合って決めました」とか、「ちゃんと伝えています」って自信まんまんに言ったりします。

 

そして、その話を信じて相手のところにいくと、いろいろ食い違いがある。っていうのをよく経験しました。
そして、そこでちゃんと会話するとわかってもらえることがいくつもありました。

 

自分自身でも、
自分が話したことが相手に間違ってとらえられたり、
相手の話を勘違いしたりしますので、

仕事中はそんなことが起きないように気をつけようと思っています。

 

これから〇〇療法士になろうと思っている皆さんには、

テクニックや知識だけでなく、そんなところも大事だと、
心に留めておいて欲しいです。

 

今日はカンファレンスがあります。
私も、ちゃんと伝えられるように頑張ってきますね。

そんなこと

遠藤

紅葉

2018年11月12日(月)

休みの日に外出すると、人がいっぱい歩いています。

着物を着ている方もちらほら見かけます。

 

紅葉の季節ですから、人が多いのも当然ですね。

右は「おおはら雅の郷」で今朝とった写真です。

 

紅葉が赤くなる季節です。

寒くなってくる季節でもあります。

一日の気温も朝、昼、晩と気温差があります。

 

外出時は、家を出るとき、目的地で過ごす時間、家に帰ってくるときで

長袖を一枚増やす、薄着になる、防寒着を羽織る

って装いも変えないと体にこたえます。

 

体調を崩さないように気温に合わせて服装も調整しましょう。

紅葉狩りには、帰りの冷え込みも考えて

準備してお出かけしてください。

 

 

そんなこと

遠藤

職場選び

2018年9月17日(月)

誰かのせいにしていること有りませんか?

 

例えば誰かに何かを任せて、
その誰かが失敗したり、していなかったりしたとき、
その誰かのせいにしていませんか。

 

それは、その誰かも悪いのかもしれませんが、
誰かに任せた自分が悪いって思いませんか。

 

何事も誰かのせいにすることもできますが、
自分のせいだって思うこともできます。

 

どんな職場も職場の誰かのせいにできるかもしれませんが、
そもそも、その職場を選んで、勤め続けているのは自分です。
中には誰かに勧められたからこの職場に決めた。
と、決めることまで誰かのせいにしている人もいるようですが、
全て自分が選んで今この瞬間、ここに至っていると思うこともできるのです。

 

今この瞬間も就職先探しをしている学生さんがいると思いますが、
自分で決めた職場だと言える思いを持って就職してほしいです。

 

人に勧められても、最後に自分の目で職場を見て、自分で決める。
他人のせいにしないということは、自分の決定を尊重することでもあります。
だからこそ、自分の至らない点が失敗に繋がったと自覚できるってことでもあります。

 

 

何かあるごとに反省しながら、
欠点だらけの自分に落ち込みながら、
それでもちょっとは前を向いて仕事する。

そんな感じに日々を過ごしている
できの悪~い先輩より、
失敗しない職場選びの心得でした。

そんなこと

遠藤

地蔵盆

2018年8月21日(火)

皆さんのところでは地蔵盆ってありますか?

地蔵盆は関西の風習のようですが、私が住む地域も地蔵盆があります。

先週末に朝から公園にテント立てて、提灯吊って、お地蔵様にお供えして、お坊様にお経をお願いして、お話を聞いて、

お昼を食べたら、子どもたちがおやつをもらって、福引きをしたり、ゲームや水遊びを子どもたちがしていました。

そして、夜は懇親会で、夜まで子どもたちが真っ暗になった中でも遊んでいました。

私の町内では地蔵盆はそんな一日になります。

 

町内中の子供がお菓子と福引きを目当てに集まってきますので、こんなに子供がいたんだなって気づくことができる日です。

小さな公園いっぱいに人が集まってきます。

にぎやかで明るい一日でした。

こうやって次の世代がいる、次につながる子がいるって思うと、ちょっと心強く感じます。

 

仕事でもやっぱり、次が育っているって実感できることがとっても嬉しいですね。

新人も4月から数えて4ヶ月です。

育ってきているところも少し見えてきます。

もっともっと育ってほしいですね。

 

育って、自信がついたらすぐ巣立つ子もいるでしょう。

でも、

育って、よりよい職場を作っていく力になってほしいですし、

次の子をさらに育てて、増やしてもらいたいですね。

そんなこと

遠藤

カブトムシ

2018年8月13日(月)

今年はカブトムシを育てることになりました。

カブトムシの繁殖をお手伝いすることになりました。

 

お手伝いといっても、

カブトムシの成虫のつがいを預かって、

自宅で育てて、

卵を産ませて、幼虫を育てるだけです。

 

ただ、昨日そのカブトムシを引き取ったのですが、

イメージでは、雄と雌1匹ずつぐらい飼育ケースに入っているのかな?と、

思っていたのですが、

プランターに5匹ぐらい?入ったものを2つ受け取ることになりました。

 

とりあえず、持って帰って、

玄関にビニールシートと新聞をひいて、プランターを2つ並べておくことになりました。

とりあえず、元気なカブトムシたちがしっかり卵を産んでくれるように

お世話していきます。

 

なんとか玄関に置けましたが、狭い玄関がより狭くなってしまいました。

でも、こんなにたくさんのカブトムシが家にいるのは初めてです。

ちょっとわくわくもしますね。

お世話係りの筆頭はうちの息子ですが、さっそく餌やり水やりしてくれていました。

こんだけ目についたら、今までのように餌やりを忘れることもないでしょう。

私や妻の出番は、去年のクワガタを飼っていた時より少ないかもしれません。

 

びっくりしましたが、これはこれでとりあえず良いかって感じになりました。

目につくようにセットするっていうのも失敗しないため、忘れないためにできる配慮ですね。

患者さんやご利用者さんにも、気付きにくいところを気付きやすくする工夫をする時があります。

同じですね。

 

まあ、あとは、

飽きない、いやにならない、めんどくさがらない

っていうことを祈るばかりです。

そんなこと

遠藤

ただの布

2018年7月24日(火)

日曜日の朝に車を車検に預けて来ました。

その空いた駐車スペースにビニールプールを出しました。

 

けれど、とっても暑い日差しになる事が予想されますので、キャンプで使うタープを張りました。

ただの四角い布一枚ですが、確実に日陰を作ってくれます。

布の角などにある穴にロープを通したり、棒を立てたりして、布を屋根にします。

 

最初は、ロープで止めて屋根にするなんてすぐに崩れるんじゃないの?大丈夫かな?って思ってましたが、キャンプで慣れると、適当にやってもなんとかなるって思えるようになりました。

 

キャンプの技術も家で活かされています。

 

そして、むずかしそうな事も、

半信半疑で始めても、何度もしていると道具のどおりがわかって来て、分かったから応用が効くようになるって事です。

 

これは、リハビリも同じですね。

本当に生活で活きる能力がつくのは、ちゃんと基本の中で動きや動かし方が体で分かった時とも言えるんじゃないでしょうか。

そして、一旦分かったら、そこからの応用は割とスムーズにできたりしますよね。

 

皆さんもリハビリでそんな経験していませんか?

 

あっ、勉強も一緒ですかね。

基本だけじゃ役に立たないかもしれないけれど、

基本って応用が身につくために、

覚えるのではなく、ちゃんと理解しておくって大事ですよね。

 

学生の方は、「覚えた」「答えた」ではない、「分かった」大事にして欲しいです。

 

ちなみに、

うちの小学生の息子は、

そこが分かってないようで、

苦労しそうです。

そんなこと

遠藤

暑すぎです

2018年7月17日(火)

暑すぎです。

 

今朝もテレビで

「室内でも熱中症になる可能性があります。

冷房をつけて室温を下げて過ごしましょう」

って言ってました。(一語一句覚えてはいないですけど、こんなこと言っていました。)

 

確かにその通りです。

博寿苑のリハ室は景色が見える窓が素敵です。

 

でも、

最近は、そのままだと冷房が効かないので、

せっかくの景色が見えなくなりますが、カーテンを閉めています。

※冷房は全開で頑張っているのですが…太陽に勝てません。

カーテンを閉めるとやっと室温が下がりはじめる感じがします。

窓の付近に手を近づけると、日差しがそれほど強くなくても、モワーっと熱気を感じます。

 

本当に困った暑さです。

暑さには気を付けましょう。


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

タグ