京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

遠藤

名月

2019年9月10日(火)

さて、もうすぐ十五夜です。

 

博寿苑ご入所中の皆様と作りました。


一人一人は、

紙を指でちぎる方もいれば、ハサミを使う方、

紙を貼る方、できる能力に合わせて、

大きな作品を作るのに協力して頂きました。

 

一つは模造紙程度の大きさの貼り絵です。

そして、

もう一つは張り子で作った月と綿雲です。

 

これで、どんな天気でも博寿苑では満月が見られます。

今まで、貼り絵はいくつも作ってきましたが、

立体の張り子は今回初めての方が多く、

いつもは何回も同じことをするのは「この前したからいいわ」と遠慮される方も、

「今日はしないの?」って言うてくださったりしました。

 

たまには目新しいことをするのも気持ちが乗って

同じ作業をしても、やる気も意欲も湧いてきて体が良く動くものです。

私は、作業療法士ですが

「意味ある遊び」が学生のころから、私がリハビリで提供したい変わらぬテーマです。

楽しいだけでは、ただの遊び、レクリエーションですが、

意味があるリハビリをするにあたって、

効果が同じなら楽しい方が良いって思っています。

作業療法ってそんな一面があるんですよ。

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

タグ