京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

橋本

調べる

2019年3月08日(金)

先週は久しぶりの土日休みだと(その前は仕事で潰れた…、その前は(ry)。のんびりしよう、映画でも行こうかとネットで調べたら、近くの映画館で「大統領の陰謀」をやってました。

 

嫁さんに映画に行ってくると言ったら「トランプの?」と言う反応でした。

5つ下の嫁さんの反応はそんなもんでしょうが、当時私も事件の詳細はわかりませんでしたが同じ時期にやばいことやって日米のトップ(田中角栄とリチャード・ニクソン)が辞めたと言うのは小学生ながらにかなりの印象を残しました。

 

で、「大統領の陰謀」ですけど公開年が1976年です。ワシントンポスト紙の2人の記者ウッドワードとバーンスタインがウォーターゲート事件を暴いていく筋ですが、50年近く前の話だけに今の30台、20台の人には驚くと言うか、理解しがたいような描写もあるなぁとちょっと違う視点で観ていました。

 

ウッドワード役のロバート・レッドフォードは今も昔も変わらないヘアスタイルですが、バーンスタイン役のダスティン・ホフマンなんか当時流行のロン毛ですよ。しかも編集局内どころかエレベーターの中でもスパスパタバコ吸ってるし(古い映画なんか見ると、私なんかはタバコのシーンに一番時代を感じます)。

 

当然映画では2人の取材活動が描写されるわけですが、あらためて1970年代がどういう時代だったか思い出しました。

 

国会図書館である文書が誰に貸し出されたか調べる→PCなどはないから数千枚に及ぶ貸出カードを1枚1枚確認していく。

あるホワイトハウス職員が何者なのか調べる→人に聞く

取材を申し込む→固定電話(留守電機能なし)で電話する

 

取材メモが手書きなのは今も昔も変わらないでしょうが、当時は携帯録音機なども(テープであってもメモリーカードであっても)ない時代ですからすべてがメモの時代。

 

映画を見ながら筋立てもさることながら、あぁそんなだったなぁと思い出しました。

そういう時代を経験してきたにもかかわらず、ネットないといろいろ不便だよなぁと思うということはやっぱり「今」に馴染んでいるってことでしょうか。

 

高校生の時分に理学療法士になろうと考え、進路指導室から書店の受験雑誌までいろいろと資料を渉猟し全国養成校一覧はないかと探し回って結局見つけられなかったことを思い出しました(本当は自宅から電車で通えるところに学校が開設されたばかりでしたが、それを知ったのは別の学校に入学して2年後でした)。

 

とにかく何かを調べようとしたら、図書館や書店で「それ」が書いてある本を探すしかなかったんですが、何処を(何を)探すかわからないで途方に暮れるなんてことは良くありました。

何処を探せばよいかわからなかったらあとは人に聞くしかなくなるわけですが、適切な質問を適切な相手にしないと適切な答えは得られないわけで、適切な相手も質問もわからなければ五里霧中になるわけです。

 

今でもどこを探せばよいかわからないってことはありますが、それと思しき単語をいくつか並べて検索ボタンを押していればそのうち必要な情報にたどり着けます。

 

映画を見ていると当時は「調べる」ことさえ頭を働かせる必要があったなぁと思い出しました。

ようやく手に入れた「答え」は頭に刻み込まれ容易に忘れる事さえ出来なくなります。

簡単に手に入れることが出来た「答え」は忘れる事もあっという間です。

今時の学生は学校でも「聞く」だけで勉強した気になってるので覚える事もままならないようです。

 

なんか最近推敲しても身が入らず、文章が荒れてるような気がします。

63975

20190308 1340

あんなこと

遠藤

また、降ったよ

2019年3月08日(金)


雪が降りました。

今朝は見える山が白くなっています。

 

「おおはら雅の郷」では梅も咲きはじめていますので、

その梅の後ろに雪の山をきれいに捉えたかったのですが…。

 

 

ちなみに、

通所リハビリの送迎車の上には雪がうっすらとでした。

 

春になったと思っても寒い日がありますので、皆さん風邪をひかないようにしましょうね。

 

 

って言いながら、

我が家の娘が今朝、熱を出してしまいました。

ほんとうに気を付けましょうね。

 

そんなこと

遠藤

もう国家試験が終わりましたね

2019年3月04日(月)

今日は雨が降っています。
昨日はひな祭りでしたね。

 

3月になって、いろんなところで梅が咲いているのを見かけます。
大原でも梅が咲き始めています。
少し暖かくなりつつある証拠ですね。

 

天気が良ければ散歩して、梅の香りも堪能したいところです。

 

そんな中、
国家試験も終わって養成校の学生さんは
学生生活もちょっと力が抜けたのではないかと思います。
まあ、受かるかどうかドキドキ感もあるとは思いますが、後の祭りですから。
そして、就職先への引っ越しとか、新生活への準備を始めているかもしれませんね。

 

職場への不安もあるでしょうが、期待が大きい時ではないでしょうか。

 

ところで、目標は持っていますか?
テストで点数を取ること、国家試験に受かることや卒業すること、就職すること、取り敢えず一人前になることが目標になってませんか?

それだと、目標を見失ってしまいます。
今は、どんな療法士になりたいかイメージしておいて下さい。
そしたら、そのために何をした方が良いのか、どうすればよいのかにつながると思います。
そんな思いを持っていることが仕事をするうえでの強さにつながることになります。

 

仕事って、誰かのせいにしたところで全部自分のせいと同じです。
自分のために自分がしていることの結果だという自覚が必要です。

 

そのうえで、
どんな自分づくりをして、
そんな自分が、どんな仕事ができるのか
楽しみにしながら頑張ってもらったらと思います。

 

目標をもって仕事を頑張るほどに

自分にとっての楽しみが出てくるはずですよ。
一緒に療法士として頑張っていきましょう。

へんなこと

橋本

ご存知でしたか

2019年2月22日(金)

お暇していました。

 

私の常の出勤場所は京都大原記念病院ですが、私の監督範囲は(リハビリに限っての話ですが)、リハビリテーションスタッフが常駐する京都大原記念病院グループが運営する事業所すべてとなります。

 

勿論どこにでもざらにある医療法人グループとは思っていませんが、それでもうちのグループより大きいグループもたくさんある事だし(大学病院だけでもうちより規模は大きいですし)、私としてはうちのグループは中小企業の中の下の上くらいかなと考えていました。

 

ところが…先日ある社労士の方が書いたコラムを読んでいたら、一般の企業の場合、資本金、出資金もしくは常時使用する従業員の人数で区分するらしいのですが、医療法人など資本金や出資金の概念がないサービス業の場合は人数だけの判断になるとかで、100人以下が中小企業という定義からして、京都大原記念病院グループは常勤職員だけでも1300を超えるので「大企業」となるらしいです(ってかリハビリテーション部だけでも200人越えで余裕で「大企業」)。

 

うぉ~~~~俺って「大企業」に勤めてたん!?

と、一瞬テンションあがりかかったのですが、私の頭の中でレッテルを張り替えただけの話で、何も変わらないことに気付いて平静になりました。

 

定義から見れば世の中になんと「大企業」が多いことか。

63570

20190222 1630

そんなこと

遠藤

新しいツール

2019年2月18日(月)

博寿苑のリハビリ室に、以前から欲しかったリハビリのツールが届きました。

 

お花のペグです。

 

リハビリに使用する訓練用の一般的なペグは、

穴の開いた板に、棒をさしていくものです。

棒を正確に、素早く、

さしていったり、抜いていったり、さしている棒をひっくり返したりする道具です。

 

今回導入したペグは、その棒の上に様々な造花がついているものです。

穴の空いた板にさしていくと

フラワーアレンジメントや生け花のように

お花をきれいに飾ることができます。

 

ただ手の機能訓練をするだけなら不要なおまけですが、

お花がついていることで、楽しみながら、

そして、きれいにするために

いろいろ頭を働かせてペグをさしたり抜いたりすることになります。

 

それに、ただ片付けるのではなく、飾るということができる道具です。

花があるだけでとっても華やかです。

 

 

きれいと思いませんか?

 

ちょっと自分でもやってみようって思いませんか?

 

きれいな状態にするために丁寧に触ろうとか、お花を整えようと思いませんか?

 

やり始めたら、あーでもないこーでもない、こっちの方がいいかな、とか考えると思いませんか?

 

そんなことが頭を使って、手を使うリハビリになると思っています。

そして、心も動くと思っています。

 

心や頭や体をいい状態にする何かをする。

そんなことで生活の質を高める。

それがリハビリですよね。

 

こんなこと

遠藤

頑張ってほしいです

2019年2月09日(土)

先日、当グループの3年目のリハビリスタッフ向けに研修会をしました。

その研修会が終わってから、感想を書いてもらう用紙を渡しています。

昨日、その感想がいくつか手元に届きました。

 

その感想を読んでいると、

研修で感じたことを書いているのはもちろんですが、

中には、

研修を受けて実際にやってみたら上手くいったという報告や、

実際にやろうとしたけど思うようには上手くいかなかったっていう報告も混じっていました。

研修会とか参加しても実践でやってみるには自分なりの理解が必要です。

その理解を実践の中で再認識したり修正したりすることも本当の理解に繋がります。

理解には自分の中で理屈が成り立ったってことでもあります。

 

そんな理解につながったというのがうれしかったのと、

実践にさっそく得たもの使う前向きな姿勢がうれしかったですね。

 

今回は、車いすのシーティングがメインになった研修でしたが、

グループワークでもかなりいい感じのディスカッションが各グループなされていて、

元気な3年目のセラピストが集まっているっていういい雰囲気でした。

普段、老健を担当する私はあまり3年目スタッフと接点がなく、

いつもの様子がわからないのですが、

今回の研修では、同期ばかりで意見交換もしやすかったのもあるかもしれませんが、

当グループのセラピストもなかなか捨てたもんじゃないなっておもいました。

 

研修はどんな研修にいくつ参加したかよりも、

自分なりに理解して実践に生かせるかどうかですから

これからも、いろんなことに頑張ってほしいですね。

 

へんなこと

橋本

面倒くさい話

2019年2月05日(火)

一昨日眼科の帰りに、電車の乗り継ぎのタイミングでコンビニに寄ったんですけどこんな張り紙がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改元が目前に迫った今、メディアでも頻繁に「平成最後の云々」という言葉が使われていますが、「平成最後!(なんでここで!がつくのかもわかんない)のスタッフ募集中」ってなんだろう?

それとも受け狙いですかね。受け狙いならわかりますが。

 

今年の5月1日なんて「平成最後のリハビリ」とか「平成最後の入院患者」とか「平成最後の(ry」とか、別に「平成最後の」ってつけなくてもいいんじゃねってくらい量産されそうな気がしてきました。

そんで5月2日からは早速「〇〇(新元号)最初のうんたらかんたら」なんて頻繁に出てくるんでしょうね。

 

医療系の仕事は患者さんの年齢を数える事が頻繁なので、元号を基にすると数えにくいことこの上ない。

私が就職したころは患者さんに明治、大正生まれが沢山いて、明治生まれだと元号三つもまたぐので年齢を確認するのが結構面倒くさかったです。さらに平成に変わった頃は明治、大正、昭和、平成と数えるのがややこしくはなったんですが、時の移ろいで最近では大正生まれの方も少なくなってきていたのに、またしばらく数え間違いが増えそうです。

63028

20190205 0915

 

話は変わって (さらに…)

へんなこと

遠藤

いろんな顔

2019年1月28日(月)

今日も寒いです。

数日前の虹のかかった空と、今日の空は全然違う顔です。

博寿苑から見える

同じ場所の写真ですが…全然違います。

 

利用者の皆様も、スタッフもみんな同じ人でもいろんな顔を持っています。

元気で楽しそうな顔、元気がない顔、楽しくなさそうな顔、困った顔、悲しい顔、不機嫌な顔…。

 

そして、ご利用者様の場合は、

特にご家族が来られていないとき、来られたとき、帰られたときは全然違うことが多いです。

ご家族が来られていないときが私たちが知っているいつものご利用者様で、

ご家族が来られているときは、とっても楽しそうな笑顔で、

ご家族が帰られると、寂しそうなご表情をされたりします。

 

そして、リハビリでは、スタッフもご利用者様もいろんな表情をしています。

笑顔、頑張っている顔、悩む顔、疲れた顔、元気な顔いろいろです。

いろんな顔でリハビリしています。

 

私も

優しいって言われたり、鬼って言われたり、元気って言われたり、

いろいろですが、きっといろんな顔を皆様に見せているんでしょうね。

私だって、

いつも優しく元気なリハビリスタッフでいようって思ってはいますが、

虹のように明るかったり、雪のように冷たかったりもするのかもしれませんよね。

あんなこと

橋本

チームワーク(ってか、適当なお題が思いつかない)

2019年1月18日(金)

年末の空いた時間に嫁さんの希望で「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行ってきました。

 

ロックをろくに聞かない私でさえクィーンやフレディ・マーキュリーぐらいは知っていますし、楽曲のいくつかは聞き覚えがあるくらいには聞いています。

クィーンがいくつものヒットを飛ばしたのち、フレディ・マーキュリーが若くしてAIDSで亡くなったこともその後もクィーンが活動を続けていることもなんとなく知ってはいました。

でもクィーンは「終わった」というのが私の認識でしたし、映画観終わった後あらためてフレディ・マーキュリーが亡くなった時にクィーンは終わっていたんだなと思った次第です。

 

マーキュリー亡き後もボーカルを何人か迎えて活動はしていたみたいですが、私の印象に残った曲は何一つありません。

フレディに才があったのは違いありませんが、クィーンと言う4人組で初めてその能力が最大限に引き出されたのでしょう。

 

話は変わりますが、年末で採用活動は一旦停止です。就職が決まっていない学生さんもこれから国家試験までは就活どころではないでしょうから。

その就活中の学生さんに何故うちの病院を志望したのか、面接時に聞くわけですが結構な頻度で聞くのが「チーム医療が出来ているから」とか「見てきた病院の中で一番チーム医療が出来ていたから」という応えです。

 

うちの病院のチーム医療のありようが良いのか、一番なのか、他所の病院を知らない私には何とも判じかねる話ですが、仮に彼らの言っている通りだとしても、それは今ここで働いている職員が出来ている(やっている)話であって、だからと言ってうちに就職すればもれなく全員がチーム医療が出来る話ではないんですけどね。

 

そこに入れば自分もできるとでも思っているんでしょうか。仮にそこで出来てようが出来てまいがまず自分自身がチーム医療は何かと理解し、どうすれば出来るようになるかと考えて行動しなければ出来るものではないんですけど。

チーム医療に限らず、就職さえすればそこでやってることが必然的に出来るようになると勘違いしてるんじゃないかなと思う時があります。

フレディがあけた穴を単純に他のボーカルで埋めようとしても(まぁそんなに単純ではなかったと思うんですが)、埋めきれなかった事と話として何か近いものがあるなと考えています。

 

62512

20190116 1305

62571

へんなこと

遠藤

最近のはまた面白い

2019年1月10日(木)

新しいカタログを見ると、

新しいリハビリ用具や福祉用具が載っているのですが、

 

どんどん進化しています。

特にセンサーがいろいろついているものが増えたり、

パソコンやタブレットと連携するものが増えていたり、

 

今までと物理的に人がする動きは変わらないけれど、

それが、タブレットやパソコンにグラフやデータで表示するものが出ていたりします。

それが、1種類ではなく、いくつかのメーカーから出ていたりします。

 

もちろん、こんな時はこれがと思ったのに、廃盤になって無くなっていたりもしますが、

特にAIやロボット、センサーを使った技術は進歩しています。

ただ、お値段はまだまだ結構高いです。

でも、必要があれば、使おうかなって思える製品が出てきているのではないかと思います。

 

技術は日進月歩です。

ただ、購入する必要性は人それぞれですから、今までの製品で十分な人も多いでしょう。

必要性を鑑みて購入した方がいいですよね。

 

でも、ちょっとずつ見た目もおしゃれになりつつあるので、

不要な機能が多くても、新しい製品見ると欲しくなったりしますよね。

物欲が高い私は、

ついつい見た目で欲しくなるタイプです。


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

タグ