京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

遠藤

時代についていけてません

2022年10月10日(月)

時代の進歩についていけてません

 

我が家の車は今どき珍しいMT車です。

今は車の免許を持っていてもAT車限定免許のスタッフも多くなっています。

なのに、MT車です。

※乗り継いだ車全部、四駆、ワゴン、ハッチバック、ミニバン…形状は様々ですがMT車です。

 

時代は電気自動車で自動運転の時代に入りつつあるようで、もう今までのAT車とも違うイメージです。

なのに、MT車です。

 

なんか、MT車の方が操作していることが体でわかるし安心できるんです。

勝手に動くと不安なんです。

まあ、シフトチェンジして操作して動かすのが楽しいのもありますが

一番はMT車の方が安心できるからです。

でも、電気自動車ばっかりになったらMT車は完全になくなりますね。

 

新しいものになじむのは「勇気」が必要ですね。

※もちろん職場の車や、車検や修理時の代車はAT車がほとんどですから運転はできるんですが…

※ずーっとってなると…誰かに後押しされたり、大丈夫だよって保証してもらわないと乗り換えれないかも…

 

逆に、キャンプに行って電気もガスも使わず、焚火で料理したりすることにはなんか安心があります。

火も時間をかけておこさないといけないし、薪や炭をくべたりしないといけなないし、

火加減するにもメモリがあるわけでもなく均一になるわけでもないのに、

なぜか、これくらいでいいやろって楽な気になります。

なんかてきとうにするのが良いあんばいなんですよね。

まあ、そういう作業が好きってこともあるんだと思いますが、

一番は、気にしなくて良いっていう楽な気分になれるからです。

 

多分どちらも、結局は自分で操作しているから安心で楽なんですよね。

道具任せってちょっと不安なんですよね、

タイマーかけていても…ほんとに止まるのかなって心配になるし

パソコンで画面上の実行ボタン押しても…ほんとに正しく動いてたのかなって心配になるし

その点、自分の手でしたことは、ミスも失敗も多いのに、やったっていう安心感に満たされるんですよね。

それに、機械がうまく動かなかった失敗をやり直すのはすごく面倒だけど、自分がした失敗をやり直すのは仕方ないって納得できるから全然違いますよね。

きっとそういうことも含めてなんだと思います。

 

自分の手で操作できることが、心に安心や納得を作り出すんだと思います。

っておもうと、障害をもって、できないことが増えた人は安心や納得を心に持ちにくく、今までの安心や納得を取り上げられたような状態が想像できます。

大したことないことでも不安に感じたり、自分の為にしてくれたことでも思いどおりにできなかったり失敗があったら許せなくなったり、そんな気持ちになりやすいのかもしれません。

特に、いままで自分でできていたことだけに、そんな気持ちもなりやすいのかもしれません。

 

そう思うと、あの人もあの人もそうだったのかも…と思い当たるようなことはいっぱいありますね。

きっと、その時の私では不安にさせていたのでしょうし、納得させられなかったのでしょう…

自分が持ったことのない障害について、わかったつもりにはなれていても、

実際には「こんなことすらわかってもらえない」って思われていることがあったんでしょうね。

 

そんな不安にさせない、納得してもらえるような信頼を得られたらいいな。

時代の進歩についていけてないなあって思ったところから

今日は、そんなことに思いが至りました。

 

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

タグ