京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

橋本

続きです。 高血圧

2021年3月05日(金)

私は自分の身分が周知になった場合のことを考えて、入院先では努めて「おりこうさん」な患者になるようしています。

 

言われたことは「はい」と聞いて、素直に従う。何にせよ誰にせよしてもらったことには丁寧に感謝の言葉を伝える等など。

態度悪くしていてあとあと「あれが大原記念病院の…」とヒソヒソされてグループの評判を落とすのが嫌だからですが、3年前に入院した病院も今回の病院も常にうちのグループへ患者さんを紹介してくれているところですから尚更です(リハビリは躊躇なく断りましたが)。

 

事故にあうまで血圧は平均で110~130/60~80代でした。

入院してから、血圧はずっと140~160/90~110代で推移していましたが、事故以前でもそれくらいになることはよくあったので当初気にはしていませんでした。

 

入院4日目になると頭痛がきつくなり、肩こりも酷くなりました。4日目の夜には日付が変わる前に目覚めて、まったく眠れなくなりました。この時で血圧は160/110にもなっていましたが、医師が言うには高めだけど投薬するほどじゃないという話でした。

 

確かにそうなんだろうと自分でも思いましたが、以前の数値からするとずいぶん高めなのは事実だし、とにかくしんどい。

それまでの眩暈(頭を動かせば出る)に加えて、高血圧性の眩暈(じっとしていても出る)も出だしてこのままではゆっくり休めなくなり尚更復帰に時間がかかると、思い切って過去の血圧のデータを見てもらって(嫁さんに言って手元に取り寄せておいた)、「何とかしてくれ」と訴えて薬を処方していただきました。

 

おかげさまで今こうしているわけですが、そもそも救急車で担ぎ込まれて診察台の上で私が嘔吐している間に、嫁さんが看護師さんに適当に言っておけばいいものを、勤め先がどこで、職種がどうでと言ってしまったらしく、入院中訪床する人する人が「理学療法士さんなんですか」「理学療法士ですよね」「大原記念病院にお勤めだそうですね」等など言われて、少々窮屈な思いをしてました。

 

そんなこんなでやはり医師に注文つけるなんてと思わぬもなかったんですが、やはりしんどさは耐え難く何とかしてくれとお願いしちゃいました。

 

普通に考えれば患者が何にしろ要望を言うのは当たり前なんですけどね。医療側のことが分かっているだけに言い辛さがあったりするようです。

 

続きます

 

83137 20210310 1010

82996 20210305 1450


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

タグ