京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

遠藤

雪だるま

2023年12月26日(火)

まだ、雪が降って積もったりはしていませんが

一気に寒くなりました

毎朝の気温が氷点下になっています。

 

一足先に、「雪だるま」が完成しました。

この間話していたあの張り子の雪だるまです

今までの作品の中でも

通りすがりのご利用者さんたちの反応がいいです

みんなが見て分かる、思い出すことができるものなんでしょうか

 

雪だるまっていつごろからあるんだろうって

ネットで調べたら

記録に残っている世界最古のものは、

1380年ごろの書物の欄外に雪だるまが描かれているらしいので、

そのころにはすでに雪だるまはあったのだろうってことで、

そして、日本でも江戸時代の浮世絵に雪だるまが描かれているらしいです。

 

国や世代を超えて、雪が積もっていたら、自然と誰かが雪で作っちゃうんですね

多少、国や地域、時代で形は違うようですが

雪だるま

誰にもなじみのあるものだったんですね

中には、雪が嫌いな方もいらっしゃいますが、今日は飾っていると、

通りすがりの方が、

もう少し小さかったら部屋にも飾りたいとおっしゃっていました。

 

雪だるまを見ると、子供のことを思い出したり、心なしか室温が下がったように感じます。

イメージが体や感覚にも影響するんだと思います

自然とイメージできる何かに触れたり、見たりすることは

心や体を動かす元気になるリハビリに通じますよね

 

こういう作品を作ることもリハビリですが、こういう作品を見て感じるのもリハビリ

リハビリは頑張ることだけではないはずです

今日も明日も皆さんに楽しいリハビリをしてもらいたいですね

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

タグ