京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

遠藤

気晴らし療法

2024年6月10日(月)

私が持っている資格に

ダイバージョナルセラピーワーカーというのがあります

 

ダイバージョナルは日本語にすると、「気晴らし」とも訳されるので

ダイバージョナルセラピーで「気晴らし療法」とも訳されたりします

 

気晴らしと言われると、あいまいで、てきとうに何かをしているように感じます

でも、実際にはこの療法はパーソナルな面を深く掘りだして

その人の心を引き出し、その人が感じやすく楽しめるように

環境を整えたり、楽しめる活動を提供したりすることで

その人の日々の生活を過ごしやすく快適な楽しめるものに変えていく

そういうことを検討し、実践する療法です。

 

ダイバージョナルセラピストはオーストラリアにある専門職の正式な資格で

日本では同じ資格は取得できないので、ダイバージョナルセラピーワーカーという認定資格を日本の団体が出しています。

ご興味があれば、「ダイバージョナルセラピー」で検索してみてください

心と感性と行動に寄り添う療法です

 

同じく高齢者を対象にした場合、

作業療法はそこに、お身体や認知面などの変化や機能が含まれることが多いですが、

この「気晴らし療法」は、心と感性と行動をぐっとクローズアップして、そこを丁寧に優しくサポートしてその個人の心の反応を大事にしているところが大きな違いだと思います。

 

施設でリハビリに携わっていると、「気晴らし療法」は

施設の生活に潤いと快活さ、それでいてパーソナルな心地よさを感じながら

ご自身らしく、できることをしている生活ができればいいな。

そんなことにつながる療法だなと感じています

なので、作業療法のなかにそんな療法の考え方を取り入れていきたいと常々思っています

 

ただできることを維持したり増やすためでなく

楽しさと心地よさを感じられる日常を送ることができるために

リハビリができたらいいな

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

タグ