京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

遠藤

明けましておめでとうございます

2021年1月02日(土)

今年もよろしくお願いします

 

博寿苑の施設内の壁には、

あちらこちらに正月の飾りつけがなされました。

もちろん、利用者さんがお正月に向けて頑張って準備してくださったおかげです。

 

 

 

 

 

 

 

大晦日は雪が積もりましたね。

同じ京都市内でも我が家の周りはうっすらだったのですが、

大原は一面雪景色になりました。

 

雪がしっかりと積もることはめったにありませんし、

積もったら積もったで、寒いし、仕事にも通勤にも影響が有ったりするのですが、

それでもこんな景色を見ると、

年に一度ぐらいは、積もって欲しいなあって思います。

 

こんなこと

遠藤

初雪

2020年12月16日(水)

昨日は大原にも雪が降りました。

一日降ったり止んだりしていました。

夜までは降っていたようです。

 

今朝は、屋根や草木の上に雪が残っていました。

写真は、今朝出勤した時に撮ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換気のために窓を少し開けると、今までにない冷たい風が入ってきました。

施設内は暖房で暖かくしていますが、開けた窓の隙間付近は冷え冷えです。

廊下も、ガラス張りや窓の多い所と、少ない所で外気温の影響でしょうあちらとこちらで体感温度が全然違います。

窓際は、窓が開いていなくても冷っとします。

一気に寒くなりましたので、

体調をお崩しになられぬよう、お気を付け下さいませ。

こんなこと

橋本

無理な相談

2020年12月16日(水)

京都でも感染者数の増加が止まらないようです。

連日の報道は気を重くするに十分です。

 

京都に限らずあちこちでこうなったのも色々理由はあると思うんですが、私見としては気の緩みとエゴかなぁと。

 

家庭内感染が多いとは言われてますが、家族なんだから同居していれば三密になるのは当たり前。

 

問題はその家庭に誰がどのように持ち込んだのかが大事なわけなんですけど、家庭内感染が多い、多いと騒でいるだけということは、誰が持ち込んだかはわかってもその誰がどこから持ってきたのかは追えていないわけで。

 

先日副院長と話していたんですけど、それは「追えていない」のではなく「言えない」のもかなりあるのではないかとの結論にいたりましたw

 

それはそれで問題だなと思うのですが、今年採用した新人連中のことをちょっと考えてみました。

コロナ禍が騒がれるようになった3月末。全国各地から縁もゆかりもなかった京都へ就職のため移り住んできた。同じように同じ職場に就職してきた者は多かったけど、学校の同期も友人もいない。

 

独身寮には同じ境遇の者が何人もいるけど、三密を避けるために連れだって居酒屋で一杯どころか、誰かの部屋で缶ビールを空けることさえ出来ず、親睦どころではない。

 

仕事に行っても、感染予防のため仕事以外のことはなかなか話せないし、食事中でさえ会話もままならない。

 

一時的にでも実家へ逃げ帰ることが出来れば、家族と話すことで気晴らしなり何なり何とかなるかもしれないものがその帰省さえままならない。

 

想像するに独身者には相当辛い状況ではないかなと思えるわけです。

 

「接待を伴う飲食店」や「あんな事やこんな事をする店」などはそういう時の密かな逃げ場になっているんでしょうか。

まぁあまり若い人が行くようなイメージがないんですけど、身に覚えのある中高年諸氏は仮に感染しても、家族に感染しても行ったとは公言できないでしょうね。

 

こういう状況では中島みゆきの詩のタイトルじゃないですけど、単身者は「ひとり上手」でないとこのコロナ禍は乗り越えるのが難しいのかもしれません。

 

このセラピストという稼業は仕事のみならず、あらゆるシーンでコミュニケーション能力(というか社会性ですね)を培ってなんぼの話なのに、それが制限されるとなると彼らの成長が著しく遅れるわけです。

 

それでも彼らはまだましな方で、来年採用予定の学生に関しては今年は病院での実習さえままならない状況(病院で見学のみか、学校で臨床実習もどき)なので、更に成長は遅れるか、躓くか、躓いてそれっきりになるのか。

 

病院で実際に臨床実習をすることで医療人・社会人としての適性に欠ける者はある程度脱落するようになっていたわけですが、コロナ禍が治まるまでは学生は臨床実習のハードルを越さずに、この仕事が、社会がどんなところか覗き見ぬままに就職することになるわけです。

 

この様子だと向こう3年間はどこでも離職者が増えそうです。

 

ひとり上手でなおかつ社会性も豊かになんて、なかなか無理な相談に思えるのは私だけですか?

 

難儀なことです。

80694

20201216 1230

こんなこと

遠藤

教育って難しい

2020年10月26日(月)

大人になってから思うこと。

いくつになっても、子どもの頃と考え方や思うことがあまり変わらない。

子どもの時の方が、いろいろ考えていたような、思いを巡らしていたような気がする。

※子供の頃より頭や心が固くなった?

子どものときは、大人になったらって思っていたが、実は、子どもの時から変わっていない。

 

でも、人生の経験の中で知識や物事を知っている量が増えている。

それでも、他の人が知っていて、自分が知らないことがいっぱいある。

 

だからだろうか、今の周りと自分の関係性は、

周囲にいる人は子供の時と違うけど、同じような関係性な気がする。

 

子どものときは自分が小さいからと思っていたが、

大人になって、身体が大きくなっても変わらない。って思います。

 

これは自分だけの事ではないだろうって思います。

大人になってから幼稚園や小学校の頃の同級生に合ったときに確信しました。

※みんな見かけは大きく大人になったけど、話してみるとあの時と変わらない。

だから、対人関係にしろ、教育にしろ、リハビリにしろ、この人を変えようって思うのはむりがある。

きっとその人と自分が快適に過ごすにはどうすればいいのか?

その人が成長するにはどういう状況になればいいのか?

その人の生活が向上するには何がどうなっていればいいのか?

そうすれば、その人はどうなるんだろう?

 

その人の性格や行動パターンを直接変えるではなく、

その人が自然と出来る状況を探すっていう視点が必要だって思います。

上手く行っていないのは、適応できていないから、適応するには

どう仕掛けたら、どう対応したら、どう…したらって、

その人のことや周りの人や物、環境のことを考えないといけないなあって思います。

 

だからこそ、スタッフ教育について、

「ティーチングではななくコーチングが必要なんだ」って

うちのリハビリ部の教育担当者が何年か前から言っているんだろうなあって、

ちょっと思うことがあった昨今です。

障害を持った利用者のリハビリよりも

健康なスタッフの教育の方が難しいなあって思う今日この頃です。

こんなこと

遠藤

秋ですね

2020年10月03日(土)

満月が綺麗でした。

朝晩の気温がぐっと下がって参りました。

 

そして、咲いている花もコスモスもきれいですが、

大原では、ヒガンバナや金木犀も咲きました。

 

金木犀はそばを歩くと香りが漂ってきます。

でも、ご利用者様とお話をしていると、何人かはこの香りが嫌いだと言われます。

トイレの臭いだって言われます。

 

トイレの所に臭い消しですかね、植えていたことがよくあったようで、

イメージの中で、トイレと金木犀が結びついているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリでも、イメージはとっても重要ですし、時には動けない要因になったりします。

たとえば、腕をただ動かそうとしても難しいのに、コーヒーを飲もうと思うと腕が動いたりします。

たとえば、カチカチに緊張している腕をコンニャクになったとイメージするだけで少し柔らかく動かしやすくなる方がいたりします。

逆に、腕が痛かったことを思い出して、腕を動かそうとしたときに動くはずなのに、痛くないはずなのに思うように動かせないって人がいたりします。

そして、痛い痛いと思っていると、ちょっと動かしても痛いのに、何も気にしていないと痛み無くいつの間にか動かしているって方もいたりします。

 

だから、身体の動かすことを上手にするには、

体の動き作りと一緒に、体が動くイメージ作りもリハビリでは重要になる時があります。

失敗することがイメージで定着しているなら、

成功する体験と共に成功するイメージで上書きしていかないとってことですね。

皆さんも

成功体験とイメージを上書きできるように

リハビリしましょうね

 

こんなこと

遠藤

百合と芙蓉

2020年8月24日(月)

暑い日が続きます。

休みの日に庭で暫く作業していると、あっという間に汗だくです。

こんな暑いと花もしおれるんじゃないかと思いきや、

 

 

 

 

 

 

 

大原ホームの門の所では、

百合と芙蓉が先週ぐらいから徐々に咲く数が増えています。

 

咲いている花はしおれず、こんなにきれいに咲いています。

暑い日ですが、白く大きな花が美しく咲いているのを見ると、気持ちが良いですね。

 

今回は花言葉を調べましたが、この写真をきっかけに、

利用者さんに恋バナでも話してもらえないかな?

恋バナで、昔を思い出して元気になるんじゃないかな?

あの人なら、この人と一緒にいる時なら…って、そんな話をスタッフ間で休憩時間にしていました。

 

実際に恋バナに至るかどうかは分かりませんが…、

皆さんと気持ちが軽やかに、元気になるお話ができたらいいな。

気持ちも身体も元気になって欲しいな。

スタッフはそう思っています。

こんなこと

遠藤

こんなの作ってみました

2020年7月13日(月)

こんなの作ってみました。

クロスワードパズルです。

 

ヒマつぶしにどうでしょう?

思い出す、書く、消す、確認する、調べる、見つける…いろんな要素のリハビリが入っています。

 

同じするなら楽しめる方が良いですよね。

どうやったら、同じことを楽しんでできるのか?

それが作業療法士が、いつも考えていることの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは

 

(さらに…)

こんなこと

遠藤

もうすぐ七夕

2020年6月30日(火)

暑くなってきました。

今年は、換気をするために窓を開けている時間が長く、エアコンが効きませんね。

加えて、マスクをつけているので、熱がこもって、

気温以上に暑く感じます。

熱中症も心配です。

 

暑いのが苦手な私としては、つらいところです。

※寒いのも苦手です。

そして、体力がない私は、すぐにへばってしまいます。

 

でも、高齢な方の中には、私よりも体力が衰えている方ももちろんいらっしゃるはずです。

※いないとさすがにちょっと悲しい…80になる両親はどうみても私より元気そうです…。

本当に今年は気を付けないといけません。

 

もうすぐ七夕です。

七夕の飾り作りが利用者さんとスタッフで始まっています。

どんな願いを皆さんは書かれるのでしょうか。

 

今年の短冊には

「マスクがいらない世界になりますように」って

書きましょうかね。

 

今日は雨だけど、7月7日の空が晴れて、彦星様と織姫様が

願いを叶えてくれるといいな。

こんなこと

橋本

金の卵

2020年4月25日(土)

平日は出勤で、休みの日はウォーキングの為に、7時前後に一旦は自宅を出ると、必ず顔を合わせて挨拶をする散歩中のご夫婦がいらっしゃったのですが、ここしばらく顔を見かけません。

 

同じ町内ではないのでどこの誰だか名前も知らない方ですが、見たところ80歳代ぐらいなので体でも壊したかと思ってもどうすることもできません。

もしかしたら外出を控えているだけなのかもしれませんし、この騒動が収まれば「お久しぶりです」というだけのことかもしれません。

 

この騒動が治まった後でまたひょっこり顔を合わせるかもしれませんが、心配すべき話なのか、気に留めるほどのことでもないのか…

 

コロナウィルスの影響で今までの日常は無くなりました。あらためて見まわしてみると身の回りに不要不急が如何に多かったか。加えて世界経済はその不要不急の活動にどれほど支えられていたのか。

 

前のSARS騒動の時、養老孟司先生が要らないものばっかりじゃんとおっしゃってましたが、前回の騒動を教訓に不要不急のものは削ぎ落とし、とならなかったのは資本主義経済上致し方なしとしても、前回同様マスク不足と言うのはどうなんでしょう。

SARSや新型インフルエンザの時は今回ほどの騒ぎにはなりませんでしたが、あの時の不安と言うのは随分と身に沁みたという人は少なからずいたはずです。

 

私も身に染みた口でして、たかだかマスクや消毒薬で気をもむ生活など嫌なので、親子3人、数か月はしのげるくらいの備蓄をしました。

まぁかさばらないしそれほど金もかからなかったからの備蓄なんですけど、以前いくらでマスクを買ったんだろうと調べてみたら、50枚一箱で¥360ほどでした。

今ようやくネットなんかでも出回るようになってきていますが、その9倍から11倍の価格ですよね。

 

仮に今の価格を1枚¥70として、アベノマスクにかけた費用で何枚買えるかというと6億6千5百万枚ほどです。

てかそれだけの費用があれば、いくつ使い捨てマスクの工場を建てることが出来て、どれほどの原材料を仕入れることが出来たのか。

 

ちょっと調べましたが製造機械は新品で2億円前後(中古だと1/10)、ゴムひも付きのマスクだと1分間に100枚製造可能。

1日16時間稼働で9万6千枚製造可能。1か月30日稼働で288万枚製造可能。

 

アベノマスクの費用466億円のうち10憶円ぽっちを機械購入に回したら…。100億円ほどを原材料費に回したら…。

 

イソップの金の卵の話じゃありませんが、手元にあるお金で金の卵を買うのか、金の卵を産むガチョウを買うのかって話です。私は金の卵を産むガチョウを買います。

 

あなたはどっちを買いますか?(ガチョウだったらまだしも、ご飯食べるのに田んぼ賈う人はいないでしょうしね。たとえがまずかったかな)

74389

20200425  1400

こんなこと

遠藤

大原も春らしくなってきました

2020年3月31日(火)

 

明日から 4月です。

南禅寺辺りは桜も満開ですが、

大原も春らしくなりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

タグ