京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

遠藤

使いやすい

2019年6月03日(月)

道具は使ってなんぼです。

でも、使わなければ幸いの道具もあります。

使う事態は起きて欲しくない事態ってことがあります。

そんな時の道具は、普段使っていないからこそ使いやすさが重要ですよね。

 

最近はいろんな施設で見かけるようになったAED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動)も、

緊急時にたまたまそばに居た人が使えるように、色使いや記号なども大きく表示され、注意事項や手順が分かりやすい様になっていますし、音声案内もついていたりします。

普段は使わない人が非常時に何とか使えるようにと工夫が凝らされています。

 

福祉用具はどうでしょう?

使う人が限定されるものについては、その人さえわかれば良いという事もあります。

身に着けるものや、常に持ち歩くものはデザイン重視で逆に目立たないようにという事が配慮されていたりするかもしれません。

 

そして、

昔、

車いすの肘置きが跳ね上げるタイプで、そのロック機構が担当していた利用者様に使いやすいメーカーとそうでもないメーカーがあって、

ここだけこんなのに付け替えられないか尋ねたら、

各メーカー特許を持っていて同じものを作れないって言われました。

 

いろんなメーカーが作っているので、各メーカーで特許も持っていますので、

便利だって知っていても、同じ仕組みがつかえないという理由があったりします。

だから、いろんな福祉用具を施設でそろえると、同じ用途で使い方の違うものが増えていきます。

ご利用者さんはそれしか使わないなら違いにも気づかれず、

だから困るとかもないのですが、

スタッフの方が使い方を覚えて対応するのが大変になってきます。

 

でも、

この道具とあの道具では適応できる利用者が違ったりするので、

やっぱりあれもこれも揃えたくもなるのです。

道具は使い方を間違えるといい効果を生みません。

使い方がわかりやすく作ってあれば、すぐにその場で使い方が分かります。

そうなったらいろんなものがあっても困ることが少なくなります。

 

最近は、車いすのレバーなどにも何のレバーか分かるように文字や、記号などのシールが貼っているものが多いですね。

これがあるだけで助かります。

 

なんか、とりとめもない文章になってしまいました。

すみません。

施設の備品を検討中だったので、ついこんなこと書いちゃいました。

 

でも、分かりやすい道具がありがたいです。

こんなこと

遠藤

リフレッシュ

2019年4月16日(火)

 

大原の桜は少し遅めです。

その中でもちょっと遅めの枝垂れ桜が満開です。

タヌキやフクロウは酒をぶら下げて花見中ですかね。

 

ちなみに、

昨年はまだ株が小さかった芝桜も今年は育って大きくなっていますので、きれいに咲いています。

 

 

今日の写真は、「大原ホーム」の玄関前に咲くきれいな花たちです。

 

お花見行きましたか?

酒盛りはしていませんが、私も休みの日に家の近所のお寺へ桜を見に行きました。

石段がちょっとしんどかったですが、リフレッシュできました。

なんでも、頑張るだけでは疲れてしまします。

時にはリフレッシュして、気持ちも体も

もう一度頑張れる状態にするっていうのもいいですよね。

(さらに…)

こんなこと

遠藤

頑張ってほしいです

2019年2月09日(土)

先日、当グループの3年目のリハビリスタッフ向けに研修会をしました。

その研修会が終わってから、感想を書いてもらう用紙を渡しています。

昨日、その感想がいくつか手元に届きました。

 

その感想を読んでいると、

研修で感じたことを書いているのはもちろんですが、

中には、

研修を受けて実際にやってみたら上手くいったという報告や、

実際にやろうとしたけど思うようには上手くいかなかったっていう報告も混じっていました。

研修会とか参加しても実践でやってみるには自分なりの理解が必要です。

その理解を実践の中で再認識したり修正したりすることも本当の理解に繋がります。

理解には自分の中で理屈が成り立ったってことでもあります。

 

そんな理解につながったというのがうれしかったのと、

実践にさっそく得たもの使う前向きな姿勢がうれしかったですね。

 

今回は、車いすのシーティングがメインになった研修でしたが、

グループワークでもかなりいい感じのディスカッションが各グループなされていて、

元気な3年目のセラピストが集まっているっていういい雰囲気でした。

普段、老健を担当する私はあまり3年目スタッフと接点がなく、

いつもの様子がわからないのですが、

今回の研修では、同期ばかりで意見交換もしやすかったのもあるかもしれませんが、

当グループのセラピストもなかなか捨てたもんじゃないなっておもいました。

 

研修はどんな研修にいくつ参加したかよりも、

自分なりに理解して実践に生かせるかどうかですから

これからも、いろんなことに頑張ってほしいですね。

 

こんなこと

遠藤

2018年12月28日(金)

今日は朝から雪です。

写真は、

今日の朝、昼、夕方の博寿苑から見えた景色です。

道路も心配です。

明日以降、来所される際は充分に寒さと雪の対策をしてくださいね。

 

私たちには、例年のことなので、

私の車もタイヤをスタットレスタイヤにしています。

また、車に雪の中をザクザク歩けるように長靴を置いています。

 

 

こんなこと

遠藤

ジングルベル

2018年12月22日(土)

ジングルベル

もう、クリスマスですね
飾りつけしましたか?
今年は、博寿苑でお泊り中の皆様に飾りをいっぱい作ってもらいました。
そして、
クリスマスツリーに飾りつけ
さらに、
壁にも飾りでツリーを作りました。
加えて、
貼り絵も作ってもらったので、
クリスマスツリーがたくさんになりました。
今までにない手作りの楽しい飾りつけになりました。
メリークリスマス

こんなこと

遠藤

山茶花

2018年12月06日(木)

先日のことですが、
リハビリ中に利用者さんが、今日は息子さんが来られてて一緒に散歩したって話をされたので、

山茶花咲いていたでしょって話から

 

なんで山茶花って漢字を書くのか?ってなって話題になって、さらに、
子ども自分に親に怒られて庭の山茶花の木に縛りつけるぞって脅された話になったら、
私の家は柿の木だったと話が出て…
どんどん話が広がって、
リハビリ中もうつらうつらしやすい方が
目をしっかり開けて、リハビリしながらお話ししてくださいました。
会話って何気に大事ですが、いざ話そうと思っても話題って難しいって思う時と、自然と話題が出て広がっていく時があります。
いろんなリハビリがありますが、同じリハビリ頑張るなら「楽しく」したいです。
その為には、会話がうまくできるといいなっていつも思います。
会話をすることで、より効果的なリハビリができて、より楽しくできる。そんな会話ができたらいいなぁ〜。
って、
いつもいつも、上手くいくわけではないですが、気持ちよく会話できたらとっても嬉しいですね。
今日も、上手く会話できたらいいなぁ。

こんなこと

遠藤

誰だって変わります

2018年10月29日(月)

子どもをつれてお出かけしていると、

子ども達も家の中での様子と、外に出かけているときでは違いますね。

 

普段はそんなに下の子の面倒を見ない上の子も、

お出かけの時はいつも、下の子がちょっとぐずると、

おんぶしようか?だっこしようか?って、

お姉ちゃんぶったり、お兄ちゃんぶったりしています。

ほかにも、何やかんやでお兄ちゃんお姉ちゃんになっていることが多いです。

 

家にいると、力で下を押さえつけちゃう感じも否めませんが、

兄弟で力を合わせるってことはわかっているのかもしれません。

いつも喧嘩をしますが、その分いつも一緒に遊んだりしていますからね。

 

施設や病院でリハビリしていると、入所時や入院時のご様子と、ご自宅でのご様子がまるで違うことがよくあります。

施設の中ではとっても生活力ありそうな方が、家では何もしない、ベッドに寝たまま過ごす。逆に、施設では何もしないおとなしい方が、家では歩き回っていろいろごそごそとものを出したりしていたりします。

 

場所によって自分の役割について自覚や意識が変わって、行動も変わるんですよね。

それが自然です。

 

我が子達を見て実感しました。

 

こんなこと

遠藤

コスモス畑

2018年10月15日(月)

コスモス畑になりました。

大原の畑が、

台風にも負けず、コスモス畑になりました。

 

今日はちょっと天気が今一つでしたが、今朝とった写真を飾ってみました。

コスモス畑を歩くと雀が沢山飛び立っていきました。

雀の姿は隠れて見えませんが、

コスモス畑の地面ではたくさんの雀が種をついばんでいたんですね。

 

パット見ても見えなくっても、生き生きと活動している生き物がいっぱいいる。

そんな風景が大原ですね。

 

今日、この写真を飾ったら、「来月は何の花?」って利用者さんに尋ねられました。

 

さて、何の花でしょうかね。

花じゃなくて、紅葉かもしれませんね。

 

こんなこと

遠藤

運動会が終わりました。

2018年10月11日(木)

我が家の運動会(小学校、保育園、町内)が先週末で全部終わりました。
筋肉痛も昨日で終わりました。
今日からいつも通りです。

 

町内の運動会は参加するほどに、自分の衰えを感じます。
今年は、おととしと同じ種目に出場したのに、
体のきつさが増しています。
なので、ケガだけはしないように気をつけたいと思います。

 

日常では、多少低下したと思ってはいましたが、
そこまでの衰えは感じていなかったのですが、
全力で動くことができる能力はかなり低下していました。
利用者さんの日常の能力が衰えないように、頑張る時間を作っているのもリハビリです。
そんなリハビリの裏返しですね。
自分は頑張る時間を作っていないから、能力が低下しているのですね。

 

そして、
日常が少し低下するってことは、
全力の能力は結構低下しているのですね。
リハビリって日常の+α程度だって思うこともあると思いますが、
それはそれでやっぱり大事なことだなって自分で実感です。

 

皆さんも
リハビリは「やっていない」のと、

「やっている」ではぜんぜん違いますよ。
ちょっと頑張って、

今の取り組み(リハビリ)を続けてくださいね。

こんなこと

橋本

伴天連の習慣よりも

2018年9月24日(月)

先日、イオンモールに行ってみたら、既にあちこちの店頭にはハロウィーン用の商品が並び始めていました。

 

クリスマスはなんとなく日本に定着しちゃった感がありますが、年のせいもあるのかあのハロウィーンというのは仮装してどうこうというのが馴染めないなぁと常々思っていたら、日本にもこんな習慣がありました

 

「お月見どろぼう」

名前からしてハロウィーンなんかよりずっとずっと風情があると思うのは私だけでしょうか。

いまでも一部の地域で残っている習慣だそうです。

 

今夜は中秋の名月。どこかで子どもが「お月見くださ~い」と言ってることでしょう。

 

病院の高齢の利用者さんの中でやったことないか、機会があれば聞いてみたいなと思っています。


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

タグ