京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

橋本

白内障

2022年6月29日(水)

手術の話を書いてませんでしたね。

結局、体にメスを入れる手術も通算5回(白内障は両目1回でカウント)となりました。扁桃腺、盲腸、骨折(2回)、白内障と見事に診療科もバラバラです。成人してからは今回が初めてです。

 

手術中の怖さは扁桃腺切除がダントツですが(だって口開けた私の目の前で先生が刃物構えるんですよ)、術前の怖さは白内障です。何が怖いって、目に刃物入れるんですよ。想像しただけで尻のあたりがムズムズします。実際は手術中は当然麻酔が効いていますし、何か見えるかというと無影灯の光が直に当たってwhiteout状態で何も見えませんでした。

 

麻酔はしているはずなんですが、我慢できる範囲でしたが痛みました。

後で聞くと私は正常より目玉が大きかったからだそうですw

 

手術そのものは時間もさしてかからず、大変なことはなかったのですが、何が大変ってズバリ「目薬」です。

まず手術前1週間朝昼晩寝る前と1日4回数種類の目薬を手術するほうの目にさす。手術当日それに加えて2種類の目薬を朝昼の2回さす。

 

術後また1日4回これまでとは違う目薬を約2か月数種類さす。今度はその数種類の目薬のさす順番まで指定される。術後1週間で今度は反対側の目の手術1週間前となったので前回と同じようにさす。

 

術後術前1週間被っている間は右目と左目にさす目薬も違うし、さす順番もあって気が狂いそうなくらい面倒くさかったです。

 

目薬以外にも暫くは顔が洗えないとか(1週間。数日は顔の清拭さえNG)、風呂に入れるのは翌日からでも、お湯を頭からかぶれるのは1週間後とか。

 

白内障の手術自体は簡便なこともあって、入院の必要なしで日帰りで出来るようになりましたが、自己管理がしっかりできる人でないとこれでは難しいようです。

 

それでも以前に比べてよく見えるようになったんで、良しとします。

 

当たり前の話ですが、現役で働いている人は普通風邪くらいの病気にかかったことはあっても、入院ましてや手術の経験がない方が多いと思いますし、それが普通でしょう。

 

その普通というのが健康の証ですし、それに越したことはありません。セラピストも健康であるに越したことはありませんが、やはり経験したことがない分、患者さんの気持ちに疎いのは否めません。

 

かく言う私はじゃあその分わかっているのかというと、多少はわかっているとは思っていましたが、最近になってやっぱり分かってなかったのかなと感じています。

 

勿論怪我や病気になれば、怪我人や病人そのものですからわからないわけないのですが。

 

ここ数年何の予兆もなく医者にかかる必要が生じるほどの不調が数か月間隔で起きるようになって、何となく高齢の患者さんの気持ちがすこ~しわかったような気がします。

 

以前ここに書いたかもしれませんが、高齢の患者さんには「あるある」な話で、今の健康状態を憂いて「昔はこんなじゃなかったのに」との嘆き節に、いつも「生まれたときは若かったのに」と言うくらい当たり前の話に悲嘆しても仕方がないと思っていました。

 

数年に一度くらい何か体の不調があっても年を気にするようなことはないんでしょうけど、年に数回全く予期しないような体調不良や病気が出てくるようになると結構気が滅入るようになります。

 

つい「昔はこんなじゃなかった」と恨めしく思うこともあります。

 

最近の私がまさにそれです。

 

なんとか気分を変えることにします。

94487 20220629 1210

こんなこと

遠藤

カミキリムシ?

2022年6月20日(月)

 

 

 

 

 

 

 

梅雨ですね。

大原も紫陽花が咲き始めました。

 

さて、そんなある日に窓枠にこんな虫が止まっていました。

パッと見はカミキリムシかと思ったんですが、顎の感じが違いますね。

色は綺麗ですが、なんとなく触る気にはなれず手でつまんで追い払うのはやめました。

カミキリムシならつまんで追い払うんですが…知らない虫は躊躇しますね。

後日、気になって調べてみました。

…その名も「アオカミキリモドキ」のようです。

そして、

この虫は毒を持っているそうで、身体をつぶすと毒液が出るのですが、

脚からも毒液を出せるそうで、不用意に触ったりすると脚から出た液に触れた

指が火傷に似た状態になってかゆみも出るようです。

衛生害虫としても知られ、「デンキムシ」「ヤケドムシ」という別名持ちだそうです。

 

手でつまんで追い払わなくてよかったです。

知らない虫に安易に対応して火傷を負うところでした。

 

知らないことを知ったふりして、安易に対応して、失敗する。

知らないことには、注意深く対応することも大事ですね。

こんなことからも実感しました。

こんなこと

遠藤

地下足袋を買いに行った件

2022年6月08日(水)

久しぶりに

履物を買い換えました。

 

何度か部ログで話していますが、

私は、普段履きを地下足袋にしています。

人出があるところへの外出を控えていますが、とうとう今履いている地下足袋は擦り切れて

限界が来ました。

なので、人出が少ないだろう平日に、久しぶりに街へお出かけしました。

早いうちにと思って午前中に開店時間に合わせて出かけました。

久しぶりにお店に行きます。道は覚えていると思ったのですが…

曲がる筋を間違えて、そろそろ店かと思ったら違う通りに出てしまいました。

まあ、そんなこんなはありましたが、ちゃんとたどり着きました。

…お店に着くと…

電気もついて、戸も開いているようです。

迷って予定より遅くついたので、もう開店時間はとっくに過ぎています。

さあ、

入ろうとしたら…入口に傘立てが置いてありました。

傘立てには、「誠に勝手ながら…営業時間は12:00~…にさせて…。」って札がかかっていました。

定休日ではなかったようですが…

仕方がないので、一旦戻って、

再度、お昼からもう一度お店に訪れました。

今度は、もちろん傘立てに邪魔をされずにお店に入れました。

店内で一つ地下足袋を購入し帰りました。

 

午前中で済ませる用事のつもりでしたが…思わぬ時間を割かれてしまいました。

午後も家でしたいことがあったのですが、それはできなくなりました。

事前準備を怠ると…って見本みたいになってしまいました。

 

しかし、新しい地下足袋を手に入れて気分は上々です。

今日もその地下足袋を履いて出勤しています。

 

何につけても

事前準備は大事ですね。

こんなこと

遠藤

初めてきれいに撮れました

2022年5月07日(土)

今日は、朝から良い写真が撮れました。

 

大原ホームにはバラが咲いています。

バラは咲くたびに写真に撮るのですが、今までうまく撮れたことがありませんでした。

なのに、今日は、綺麗に撮れました…あくまでも、当社比?です。

 

朝から満足な写真が撮れましたので、今日はハッピーです。

早速、印刷してスタッフやご利用者にお見せしました。

私ほど感動してくれる人はいませんでしたが…一様に綺麗と言ってくださいました。

 

実際に努力した本人程の感動は誰も感じられないかもしれません。

例えば、リハビリをとっても努力して取り組んで、歩けるようになった方も、

周囲で努力していたことを見たり聞いたりしていた私たちはその姿に感動しましたが、

当事者であったその方はもっと感動していたのかもしれませんね。

 

なにかをできるようになったら

どう努力したのか教えてください。

あなたに及ばないかもしれませんが、

私にも一緒に感動させてくださいね。

こんなこと

遠藤

趣味もリハビリも一緒

2022年4月16日(土)

しばらく前に「木目込み人形」を作った話書きましたが、

じつは、あれから趣味として継続しています。

休みの日に1時間~2時間ほど時間を作って少しずつしています。

 

作っているときには気づかない粗が、作り終わった翌日以降になると見えてきます。

作っているときは思い込みや視野も狭くなっているんでしょう、気づかないんです。

でも、粗だけじゃなく、ちょっとずつ上達しているのも見えます。

そして、上達は自信につながり、粗は課題として、次回はこうならないようにしてみようとなります。

そしたら、最初のころよりも作るのに時間がかかるようになりました。

それだけ一作業ごとに考えたり、丁寧にするようになったのだと思います。

そんなことを積み重ねて、やっと木目込みらしくなってきました。

 

 

リハビリでも、ご本人はうまくできたって思っていても、

客観的に見るとまだまだ動き覚え直してもらわないとってことがあります。

でも、自分で自分の動作は見えませんから、気づいてもらえません。

そのままだと、繰り返し練習しても動きは速くなっても失敗したり、ケガしたりにつながります。

なので、動作を自覚してもらうために、

鏡に映っている姿を見てもらったり、

ビデオで録画して見せるってこともしたりします。

そしたら、「え~っ」て驚かれたりします。

ほんとに自分の動きって自覚するの難しいんです。

そして、自覚ができて初めて、修正する必要や課題に納得できたりすることがあります。

一緒ですね。

 

自信をつけてもらうのも、課題に気づいてもらうのも

上達するために必要ですからね。

リハビリも趣味もちょっとずつ上達を目指していきましょう。

こんなこと

遠藤

お花がいろいろ咲いています。

2022年4月05日(火)

大原の桜も、日に日に咲き始めました。

これから花盛りです。

 

散歩したくなりますね。

でも、日によっては日差しが暑く、

日によっては風が冷たいです。

 

何より、

花を見て歩いていると足元をつまづいたり、

思わぬ段差に足を取られたりしやすいです。

 

私もたまに…。

くれぐれも

お気を付けくださいね。

 

花を見るときは、足を止めて、

その場で見るのがおすすめですよ。

 

こんなこと

遠藤

週末は寒の戻りですか…

2022年2月28日(月)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニングは継続することが必要です

寒いからと言って、やらないでいるとよくなりません。

 

リハビリは前向きに取り組まないと、なかなか先へ進みません

過去を想って、悲しんでばかりではできません。

 

今日も「元気」に

今日も「上を向いて」

一歩ずつの積み重ねですね

こんなこと

橋本

やめたらどうか。

2022年2月25日(金)

ご無沙汰でした。

随分と間が開きました。こういう状況です。お察しください。

 

先日冬季オリンピックが終わりました。

 

今回必ず観戦しようと考えていたのは女子パシュートと女子カーリングです。

 

これは日本勢がメダルが取れそうだったからではありません。

 

パシュートは何処の代表選手よりもシンクロがきれいだから。

ですから決勝の最終コーナーで高木選手が転倒したのは、金メダルが取れなかったことより、折角のシンクロが乱れたことが残念でなりません。

 

カーリングは競技中いつも楽しげだから。

トップアスリートの競技中のゲラ※(予選対スイス戦の吉田選手)なんてそう見れるもんじゃないと思います。

 

片や一方で疑惑の判定やドーピング問題が騒がれました。

昨年の東京オリンピックの時にも書きましたが、アスリートファーストではなくマネーファーストなのは相変わらずとして、オリンピックに関するすべての報道が随分と過熱気味なのは、つまるところマネーだけじゃなく国同士の威信が絡んだ結果かなと。

 

もう40年以上も前になりますか、確か筒井康隆氏がいっそのこと「ドーピングOK」にしたらどうかと、これまたすごい暴論をエッセイで読んだ記憶があります。禁止するから陰でこそこそする。禁止するから発見する手間暇がかかるなんてことが書いてあったように思います。

 

ドーピングOKではなく、アマチュアリズムの復活というのはどうでしょう。

アマチュアリズムの復活というのはプロでないというだけでなく、国や企業の金を一切使わない。トレーニングから参加までかかる費用一切を個人で賄う。

選手個人の能力というのが第一なんでしょうが、かける費用によって結果が左右される(と皆思ってるから)国や企業がスポンサーになってそうすれば恵まれた環境を得ることはできますが、選手が楽しめなくなる可能性も大きい。

 

あるいは国政選挙と同じでかける費用を制限したらどうですかね。種目ごとに年間にかける費用の上限を決める。

 

そこまで徹底すれば、アメリカの視聴者のために真夏のマラソンなんて言うアスリート無視の馬鹿なイベントもやらなくなるんじゃないでしょうか。今ほど、皆の関心がなくなるとも言えますが。

今ほど関心がなくなれば自然とドーピングもやらなくなるでしょう。誰も注目しないことに自分の健康かける人もそうそういないでしょうから。

 

スポーツというのは見ててもいいものですが、やっぱりやってる人たちがまずは楽しめないと。

 

メダルが取れなかったからとか、記録がどうとかで、あるいは今回みたいに失格しちゃったから、皆さん御免なさいって頭下げなきゃいけないぐらいなら、金なんか出していらんから好きにやらせろって方が健全な気がしますし、楽しめるんじゃないでしょうか。

 

以前にも書いたと思うのですが、スポーツに限らず、金と時間をかければ相応の結果が出るのは当たり前。

金も時間も制約がある中でどれほど効率よく良い結果が出せるのかが「面白み」ではないでしょうか。

 

 

※ゲラ=笑い上戸、ゲラゲラ笑う様子。

91911 20220225 1435

こんなこと

遠藤

作業活動継続

2022年1月27日(木)

さて、木目込みを利用者様がされているところを少し観させてもらいました。

 

やっぱり、

簡単な物とは手順や操作が違うところが目につきます。

へえ~、なるほど、勉強になります。

そして、やっぱり木目込み人形を作るのは面白そうです。

やってみたいなあ。

 

その晩、木目込み人形のキットをネットで注文しました。

お値段や作りやすそうな点に配慮しつつ、見た目も気に入った

フクロウの木目込み人形のキットを買ってみました。

 

届いて、作ってみました。

休みの半日はこれに没頭しました。

作るにあたって、どうすればいいか

ちょっとインターネットで木目込み人形の作り方を検索しました。

不安はあるが、わからなければ翌日に利用者様に聞こうと決めて作り始めました。

 

一応、自力で完成しました。

ただ、やっぱり、綺麗にとはいきません。

でも作業工程は面白かったです。

パズルを解くようでもあり、頭も使いました。

楽しい時間でした。

 

あらためて、これははまりそうだと、

また作ってみたくなると…

いや、もうすでに、そう思ってしまいました。

次のキットを買うかどうか…ポチっとするのを今も理性(お財布)が止めています。

…いずれポチっとしそうな気がします…。

 

外出もあまりできませんが、

こんなことに時間を使うのもいいですね。

新しいことにチャレンジしていると、若返る気がします。

 

こんなおじさんでも

こんなの作れましたよ。

 

うまくできず、もじゃもじゃしていますが…

でも、かわいいでしょ。

 

こんなこと

遠藤

作業活動

2022年1月19日(水)

久しぶりに、手芸にチャレンジしてみました。

私は作業療法士なので、手芸も訓練に使いますが、

したことがない手芸はいっぱいあります。

 

最近、ある利用者様から、以前に木目込みをされていたお話を聞きました。

そのお話を聞いているときに、

私は木目込みを見たことはあっても、実際に自分でしたことがないな、

実際にはどれぐらい能力が必要なのかなと、

イメージとしては、この利用者様ならある程度できるのかな?上手にするのは難しいのかな?

どうだろうって考えていました。

 

そして、インターネットで木目込みを調べてみました。

すると、実際の工程が思ったより多いことに気づきました。

そして、これは手先のいろんな動きが期待できそうだとおもいました。

 

なので、一度、私もやってみようと

本格的なのは無理だと判断し、木ではなく、簡単な発泡スチロールの土台に作るキットを買いました。

※安くて簡単そうなのを一生懸命に探しました。

自宅でするつもりなので、絶対に娘たちがやりたがるのが目に見えていたので、

絵柄違いで4つ買いました。

 

休みを2日使って作り上げました。

※案の定、娘たちがしたがりましたので、娘たちにも一つずつ渡しました。

しかし、型にあわせて布を切るのが思った以上に難しく、大変でした。

気づくと、娘たちは、自分で切るのをあきらめて妻に切ってもらっていました。

※自分の作業に集中して、しばらく妻が娘を手伝っているのに気づきませんでした。

 

やっぱり、作業活動に能力が足りる足りないって評価をするにも

必要な動きをイメージするにも

すべての工程を思い起こせないといけませんし

たとえ思い起こせても、実際にやってみることで、そのイメージが正しいかどうか修正しないと

そのためには、自分がやってみるっていうのは

やっぱり常套手段ですね。

 

これで、一つ私が作業療法士として使える作業活動がふえました。

今回、簡易なキットを作りましたが、それでもやりごたえがありました。

はまったら、上手にできるようになったら、自分でデザインできるようになったら、これは際限ないでしょうね。

作業療法士の扱う作業活動には枠組みはありません。

今回、木目込みもいい作業活動だなって実感できました。

私も作業療法士として一歩進んだ気がします。

 

おっさんが作った作品ですが、かわいいでしょ。


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

タグ