京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

遠藤

作業活動

2022年1月19日(水)

久しぶりに、手芸にチャレンジしてみました。

私は作業療法士なので、手芸も訓練に使いますが、

したことがない手芸はいっぱいあります。

 

最近、ある利用者様から、以前に木目込みをされていたお話を聞きました。

そのお話を聞いているときに、

私は木目込みを見たことはあっても、実際に自分でしたことがないな、

実際にはどれぐらい能力が必要なのかなと、

イメージとしては、この利用者様ならある程度できるのかな?上手にするのは難しいのかな?

どうだろうって考えていました。

 

そして、インターネットで木目込みを調べてみました。

すると、実際の工程が思ったより多いことに気づきました。

そして、これは手先のいろんな動きが期待できそうだとおもいました。

 

なので、一度、私もやってみようと

本格的なのは無理だと判断し、木ではなく、簡単な発泡スチロールの土台に作るキットを買いました。

※安くて簡単そうなのを一生懸命に探しました。

自宅でするつもりなので、絶対に娘たちがやりたがるのが目に見えていたので、

絵柄違いで4つ買いました。

 

休みを2日使って作り上げました。

※案の定、娘たちがしたがりましたので、娘たちにも一つずつ渡しました。

しかし、型にあわせて布を切るのが思った以上に難しく、大変でした。

気づくと、娘たちは、自分で切るのをあきらめて妻に切ってもらっていました。

※自分の作業に集中して、しばらく妻が娘を手伝っているのに気づきませんでした。

 

やっぱり、作業活動に能力が足りる足りないって評価をするにも

必要な動きをイメージするにも

すべての工程を思い起こせないといけませんし

たとえ思い起こせても、実際にやってみることで、そのイメージが正しいかどうか修正しないと

そのためには、自分がやってみるっていうのは

やっぱり常套手段ですね。

 

これで、一つ私が作業療法士として使える作業活動がふえました。

今回、簡易なキットを作りましたが、それでもやりごたえがありました。

はまったら、上手にできるようになったら、自分でデザインできるようになったら、これは際限ないでしょうね。

作業療法士の扱う作業活動には枠組みはありません。

今回、木目込みもいい作業活動だなって実感できました。

私も作業療法士として一歩進んだ気がします。

 

おっさんが作った作品ですが、かわいいでしょ。

こんなこと

遠藤

これから

2022年1月15日(土)

冬になると、花が見られなくなります

かといって草木が弱ったわけではなく、

春に向けて力を蓄え、春に備え、

今か今かとうかがっています。

今朝は、昨日の雪が残っている花壇で

写真の紫陽花をみて、そんなことを感じました。

そして、そんなことを考えているときに、

 

博寿苑から廊下続きの京都大原記念病院で、リハスタッフと患者さんが一緒に歩いている姿が何組も目に入りました。

 

回復期リハビリ病棟で入院中の患者さんもきっと

リハビリで力を蓄え、退院後に生活をするために準備して

退院を心待ちにしている

一緒なんじゃないかと思い至りました。

 

寒く、つらい冬も春に向けての期間です。

紫陽花の葉のように、解かれ、開き、春を満喫するために、

冬には閉じこもりながらも頑張っている。

 

そして、

病院のリハスタッフは、

その春を満喫するためのサポートをしているのだなと。

こんなこと

遠藤

脳トレしましょう

2022年1月07日(金)

あけましておめでとうございます

 

なにかリハビリ兼ねて楽しんでもらえないかと、

久しぶりにクロスワード作りました。

 

早速、

昨日頑張って解いていた利用者様は、

2問解けなかったと、

でも答えを見て、あっそうかと笑っていたそうです。

 

初笑いではなかったかもしれませんが、

頭を使って、笑って楽しむことができれば

理想の脳トレですね。

 

もしよろしければ、あなたもやってみてください。

こんなこと

橋本

あけましておめでとうございます

2022年1月01日(土)

本年も私たちは

 

〇患者さんの自立

 

〇ご家族の介護負担軽減

 

〇安心の提供

 

をリハビリテーションの目標にサービスを提供してまいります。

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

☝もう定型かと言われるほど、お決まりの文句から今年も始まりました。

 

この年末年始はご存じのように近畿地方も雪で初日の出は拝めませんでしたので、写真もなしです。一応5時起床で何とか晴れ間からでも撮れぬものかと、待機していましたが無理でした。

 

最近随分とブログの間が開きがちですが、別に忙しいわけではなくてなかなかに集中できない事態がポツポツと出来してまして、(ブログを待ってる人がいるとは思えませんが)申し訳ない限りです。

 

LGBTの話題も果たして医療法人のブログでするような話題かと逡巡していて公開に踏み切れません。

 

でそうこうしているうちに新年が来ちゃいました。

寅年です。私事ですが私の父が年男で今年で84になります。

「寅」と言えば、コロナ禍直前、何の気なしに応募した試写会に当たっちゃいまして、「男はつらいよ お帰り寅さん」に行ってきました。

 

私の年齢層では寅さんは知っていても、劇場で観た人は少ないんじゃないでしょうか。

私もテレビでは幾度となく観ていましたが、劇場でなんか観たことなかったです。

「寅さん」の50作目では甥の満男は結婚どころか妻とは死別、高校生の娘がいるという設定で、時の移ろいを感じさせます。

それだけではなく懐かしい「とらや」の土間から居間への上がり框には手すりが取り付けられ、さくらの夫の博が居間のちゃぶ台前に直接座るのではなく、椅子に腰かける様子なんかも描かれていて、登場人物各々が「年をとった」描写となっていました。

 

そうなんです。皆「年をとっちゃう」んです。

 

私の直近の集中できない事態の一つは「白内障」です。目にも「年波」が寄ってきてしまいました。

つい10日足らず前に左目の手術をしました。あと2週間足らずで今度は右目です。

 

この話は次回手術が終わった後でも書きますのでお楽しみに(誰も待ってないか…)。

90598 20220101  1640

90762  20220108     1530

こんなこと

遠藤

雪景色

2021年12月27日(月)

今朝は気温も氷点下でしたし、出勤すると雪が残っていました。

 

雪が積もると「冬」って感じがします。とはいえ、ここ最近は雪が積もる日がほとんどなく、

雪遊びできるほどにはなかなか積もりませんね。

とは言え、積もったら積もったでいろいろ困ることもあるのですが、

 

天気予報だと、年末はもう一度

積もるのかな?

 

 

こんなこと

遠藤

作りました

2021年11月17日(水)

久しぶりの工作しました。

床に置く大きな的を作りました。

そして、的あてをしました。

 

イメージは、パラリンピックで世間にも広まったボッチャです。

とはいえ、利用者さんが知っているかといわれると。。。。

 

以前からボッチャを取り入れたかったのですが、ボッチャの道具って結構高いんですね。

 

なので、取り敢えず床に的を置いて、的あてできるようにしようと思いいたりました…もう、ボッチャではないですが、イメージなのでお気になさらず。

 

せっせと作り、あっという間に完成です。

ここは、利用者さんに作ってもらう作業療法的なかかわりはなく、私が単独で作っちゃいました。

でも、

これを使うことで、楽しみながら、リハビリにもレクリエーションにもなるということを願いながら作りました。

自分では、そこそこのできだと思っていますが、

耐久性も丈夫に作ったつもりですが、これも使ってみないとわかりませんね。

 

ちなみに、

ボールは普通のボールだと転がりすぎるし、写真に写っていますがシャトルを使いました…これもボールですらないですね、どんどんボッチャから遠ざかりますが、お気になさらず。

 

コロナの影響で、皆さんには通常よりも我慢していただいていることも多々あると思いますが、

少しでも発散して、楽しい日々を元気に過ごしていただければと思います。

 

元気になる工夫

楽しめる工夫

何かできないか

今日も、ない頭で考えております

思いつけたらいいな

こんなこと

遠藤

さらに赤くなった紅葉

2021年11月10日(水)

「おおはら雅」のもみじはかなり赤くなってきました。

近所の銀杏も黄色くなってきました。

 

きっと、来週ぐらいにはどこも赤くなって、きれいになるのだろうと私は思っています。

 

地面にはドングリがたくさん落ちていました。

 

紅葉といえば、紅葉狩りの思い出もありますが、

子供のころ紅葉の天ぷらを食べたことがあります。

大阪にある箕面の山でよく売られていたお菓子ですが、行くと必ず買って食べていた思い出があります。

 

草木や花を見ても人それぞれに違う思い出と関連づいたりします。

人それぞれの思い出話がきけることもあります。

 

ずいぶん前ですが、良かれと思って金木犀の写真を飾ったら、ある利用者に

それは嫌い、トイレを思い浮かべるから嫌い。と

トイレに金木犀は組み合わせとしては、言われればそうだって気づいたのですが、

今の自分の実生活には結びついていなかったので、自分の中ではそんなことを言われるとは思ってもいませんでした。

 

また、別の時は、花の写真をみて、この木は庭にあると掃除が大変やからと花の美しさとかよりも、実体験が思い出として出てきて、

その当時はこんなことがあったと、思わぬ話になることもありました。

 

回想法とかいうとちゃんと勉強して正しくしないとって身構えますが、

昔の写真ではなくても、今も昔も変わらぬ植物たちは、

その当時を思い出すきっかけになってくれたりしています。

そして、その話に耳を傾けるだけで、その植物のこと以外にも話が膨らむ時があります。

そんなことが、きっと、心や脳に栄養と幸せな時間を与えてくれると思います。

 

写真でなくてもいいんです。

何かをきっかけに、ふと話したいことができたとき、

聞いてあげられたら良いのです。

 

今日も写真をみて

誰か何か

おしゃべりしてくれませんかね。

こんなこと

遠藤

さあこれからです

2021年11月02日(火)

朝の気温が低くなってきました

とうとう大原のカエデやモミジが色づきはじめました。

今週のうちにどんどん赤くなってくるでしょうか?

鮮やかに赤くなった紅葉はとっても素敵です。

 

毎年楽しみにしています。

 

そして、通勤する道中も山の色が赤や黄色が混じってきていますので

、この時期だけの楽しみです。

運転中にじーっと見るわけにはいきませんが、目に入る景色がきれいだと何もなくても、少し楽しい気持ちになります。

 

実りの秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、食欲の秋…

様々な秋が思い浮かびますが、いろんな活動がしやすい季節ということでしょうか。

何か新しいことを始めてみるのもいいかもしれません。

リハビリの秋とは聞きませんが、きっとリハビリもしやすい季節でしょう。

 

まだ眠たい方は、外の澄んだ空気を吸って

今日も元気に1.2.3.っと伸びをすれば

ほら、体が秋の空気で元気になったはずです。

こんなこと

遠藤

コスモス

2021年10月15日(金)

グリーンファームの一画がコスモスであざやかになっています

秋と言えば、秋桜(コスモス)ですね。

コスモスと言えばピンクが思い浮かびますが、

いろんな色のコスモスがありますね。

 

どれもきれいですが、集まって咲いているとよりきれいですね。

 

涼しくなりました

今朝出勤時に、いつも通りの服だと肌寒かったりしました

お風邪を召されぬようにお気を付けください

こんなこと

遠藤

紫と白

2021年7月13日(火)

桔梗と言えば紫色ですね。

でも、桔梗にも別の色があります。

 

今日は、大原ホームの花壇に咲いた

白い桔梗の写真を見せてお話ししました。

「はじめて見た」「これも桔梗なの」「へえー」と皆さん興味津々でした。

 

ちょっと、帰りたい気持ちになってうろうろとし始めた方も、白い桔梗をみて、

驚いたようで、

家のことは忘れて、

「わたし、こんなの見たことないわ、こっちの(紫)なら知っているけど、ほんとに咲いていたの?どこで?」と

うまく、気持ちを切り替えて下さりました。

 

お花の写真は皆さん喜んでくださりますし、特に女性の方は興味を持って下さる傾向があって、

少し気持ちを浄化する作用がきっとあります。

生の花を使う方がより良い効果もあると思いますが、

花壇から引っこ抜いて花壇を坊主にするわけにはいきませんし、

写真だと枯れませんからね。

 

でも、白い桔梗はいままでの中でもかなり反応が食いつくようにあったので、

皆さんが桔梗という花をちゃんと覚えていて、

なおかつ桔梗は紫というイメージがしっかりあるってことでもあるのでしょう。

 

ちょっとしたことで、いつも見せない良い顔されることがあるんです。

「話のネタ」他になにかいいの無いですかね?

 

 


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

タグ