京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

遠藤

やっと

2024年4月04日(木)

大原もやっと桜が咲きはじめました

そして、咲き始めたと思ったら昨日は雨…

 

でも、

まだ咲き始めだったのでつぼみも多く、これからが見頃です

昨年は3月末に満開だったのですが、今年は4月になってから先始めましたね

ちなみに、昨年の桜はこんな感じでした

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ綺麗でしょ

 

桜が咲き始めると、普段は気にされていないのに、

窓からの景色をしきりに気にされる方や

歩いているときに見える窓からの景色を褒めてくださる方がいらっしゃいます

もちろん普段から景色やお花を気にされている方も喜んでくださいますが

そうでない方も喜んでくれるのが「桜」ですよね

 

普段は長い距離を歩きたがらない方も、桜が見えるところまでは頑張ってくださったり

普段はじーっと動かれないかたが、手を伸ばそうとしたり

いつものリハビリも桜が見えるだけで笑顔になられる方や喜びの声を上げて、いつもよりおしゃべりになられる方も

皆がよく知っているからこそ、心が動く、だから口も体も動いてくれる

「桜」のパワーを借りながらリハビリをしていきたいと思います

 

桜に限りませんが、なじみある物を見ると皆さん目が輝いたり、手を伸ばしたり

能動的に動こうとされやすくなります

でも、それぞれ個人個人なじみのあるものは違いますし、世代や生活歴が違うと

知らないもの、思いつかないものだったりします

 

そんな中、

桜は多くの方がそんな気持ちになりやすいですし

世代や生活歴が全然違うスタッフとも共感できます

だから、一緒に楽しんで、楽しみを分かち合うことも誰とでもしやすいと思います

 

晴れてほしいな、一緒に楽しみたいな

明日天気になあれ♪

 

あんなこと

橋本

会社物語Memories of You

2024年4月01日(月)

1988にそんな映画がありました。

 

物凄く簡単にあらすじを書くと定年間近のサラリーマンが会社や家庭に問題を抱えながらも、気の合う仲間とジャズバンドを編成してライブをやるって話ですが、主演をハナ肇。ジャズ仲間は当然クレイジーキャッツ。クレイジーキャッツ総出演と言っても「喜劇」ではなく、かと言って悲劇でもなく定年までを淡々と描いているだけです。

 

当時私は20代半ば。クレイジーキャッツのファンでもなく(物心ついた頃にはブームは去っていたような)、定年はずっと彼方の話でピンとこない頃でしたが、妙に気になって映画館にこそ足を運びませんでしたが、ビデオが出たらすぐレンタルしてみた覚えがあります。

 

私も昨年還暦を迎え、昨日3月31日の年度末をもって、リハビリテーション部長を退任となりました。引き続き雇用はして頂けるのですが、いわゆる河岸を変えるというやつで病院から離れ、リハビリテーション部からも離れ、このブログからも離れることとなりました。

 

今まで拙い文章に付き合ってくださった皆様には感謝しかございません。

本当にたま〜〜〜にですが、職員でも見ず知らずの人でも「ブログ読みました」と声掛けられるたびに嬉しく感じていました。

 

引き続きグループの新しい勤務先のHPの方でブログをあらためて始めます。

書き残した事、書きそびれた事はそちらで書く機会もあろうかと思います。

 

詳しい事は近々ここにてお知らせする予定です。

 

いずれにせよこのブログからはお別れです。

 

「会社物語 Memories of You」のキャッチコピーは

「それでは、皆さん さようなら」

また来ますけどww

107033 20240401 1000

107098 20240403 1030

107149 20240404 1100

 

そんなこと

遠藤

体験してきました

2024年3月26日(火)

日曜日に椎茸の原木を作ってきました

 

作業は単純で簡単です

丸太にドリルで穴をたくさんあけて

その丸太に椎茸の菌を金槌で打ち込んでいきます

 

大人が10人ぐらい、子供が5人ぐらいの集団でしました

ドリルで穴開けは大人が順番に

金槌で打ち込むのは子供を中心にみんなで

 

みんなで30本ぐらいの原木を作りました

 

林業のかたわら椎茸も作っているという先生のお話では

作った原木から椎茸が出てくるのは2年後らしい

そして、2~3年は出てくるだろうってことでした

でも、10本に1本ぐらいは全く出ないのも…

そして、他の菌がつくと椎茸じゃないキノコがでてくることも…

だから、地面の上で転がしたりはしてはいけないって言われました

移動させるのに持ち運ぶのは重いから転がそうかなって思った矢先でした…(^_^;)

以前に持って帰った原木からヒラタケばかり出た人もいたそうです

 

そして、みんな菌を打ち込んで誤解するんだけどって先生が言うには

菌を打ち込んだところから椎茸が生えるのではなく、木のいろんなところから出るんです

そう、菌は打ち込まれた穴で椎茸に成長するんじゃなくて木の中に入っていくんですね

 

普段食べていても栽培方法は意外と知らないものです

こうやって体験しながら話を聞くと面白いですよね

そして、こういう日常にないことをするのはそれだけでも童心にかえって楽しいですよね

ちなみに、この体験には一番下の子を連れて行きました

うちの子も菌を金槌で打ち込んだりしていたのですが

めっちゃ楽しかったと言っていました

体を使う、物を使う、普段しないことをみんなでするって楽しいですよね

 

作った原木から1本買って持って帰ってきましたが

お世話は、塀に立てかけて日陰で雨ざらしで2年ほどほったらかしです

存在を忘れないようにしないとです

 

リハビリもたまには普段しないようなことをすると

楽しいものです

普段は機能訓練をしている人に、

たまにレクリエーション的なことをすると

めっちゃ笑顔でいつもより体を使って心も体も動く人が結構いますからね

普段の機能訓練のほうが一つの動きを集中的に練習できるかもしれないけれど

しっかり動けているのはレクリエーションかもしれない

そんなことはよくあります

 

取り敢えず、おいしい椎茸が待ち遠しいな

はずれを引いていませんように…

こんなこと

遠藤

すごいなー

2024年3月06日(水)

先月、

リハビリ部内で毎年恒例の症例報告会がありました

1年目のリハスタッフがグループ内のリハスタッフが見守る中で症例発表を行ったのです

 

1年目のスタッフは

近衛リハビリテーション病院と京都大原記念病院のどちらかに勤務していますが

Zoomを使って老健や訪問、クリニックに勤務するリハスタッフも参加しました

 

自分が就職したときはこんなにたくさんのスタッフではなかったですし

ほとんど会ったことのないスタッフは居ませんでしたから

そんな中で、

しっかりとハキハキ発表するのを聞いて

すごいなーって思いました

 

内容も頑張ってリハビリに取り組んでいたことがわかる内容で

もちろん先輩たちの助けもあったんでしょうが

すごいなーって思いながら聴いていました

 

自分が1年目のころ、こんなことは緊張して上手くできなかったんじゃないかな

ちゃんとそんなことに気を付けながらリハビリできていたのかな

すごいなー

あっ、でもこんなことまでしていたなら、

ここはどうだったんだろうって気になるとこも出てきます

 

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

それぞれが、それぞれの職種らしい発表をしてくれました

 

若いスタッフが頑張っているのをみると

ロートルになった私も、もうちょっと頑張らなあかんなって思います

 

さて、今日もリハビリしましょう!

へんなこと

橋本

更に小ネタ

2024年3月01日(金)

今朝出がけにまずないとは思いましたが念のため嫁さんに聞いてみました。

 

「大谷の相手ってあんたか?」

 

違うそうです。

106333 20240301 1140

106444 20240306 1130

こんなこと

遠藤

雛飾り

2024年2月09日(金)

「おおはら雅の郷」の創作活動は

今は、桃の節句に向けて「吊るし飾り」を作っています

まだまだ飾りは増える予定ですが

すでに評判は上々です

特に女性の方の評判がいいですね

吊るし飾りを知っている方、知らない方もおられますが皆さん優しい笑顔になられます

もしかしたら、ご自身の子どもの頃の思い出や

娘様やお孫様の顔が浮かんだりするのでしょうかね

 

調べると、吊るし飾りは地方によって呼び名も変わるようですね

「さげもん」とか「傘福」とかも呼ぶようです

 

我が家も娘が3人いますので、お雛様があります

そして、吊るし飾りも飾ります

 

この話を書いていて、

そろそろ我が家のお雛様も押し入れから出さないと…って思いました

へんなこと

橋本

小ネタ

2024年2月05日(月)

本日ある病棟で火災訓練をやっているところに行きあいました。

胸に「患者」のゼッケンをつけた看護師が車椅子で搬送されていました。

 

私も随分前に火災訓練で患者役をしたことがあります。

 

設定では火元病室の見守りで移動可能な患者という役で、職員が迎えに来るまで病室待機となっていました。

 

結果私という「患者」は焼死しました。

 

訓練用の火災報知機が鳴る前から胸に「患者」のゼッケンをつけて待機していたんですが、館内放送が「訓練終了」とアナウンスする迄、火元病室に捨て置かれたままで「笑止焼死」という結果になりました。

 

訓練でよかったです。

105849 20240205 1650

105877 20240206 1645

105952 20240209 1720

へんなこと

橋本

口笛

2024年2月01日(木)

またも話題は45年前高校1年の9月。

7月に骨折した左下腿のギプスが1か月ぶりにとれて、学校に戻る道すがら(授業の途中で抜け出して受診に行きました)、口笛を吹こうとしました。

 

鳴らない。何度口笛を吹こうとしても鳴らない。

 

変だなとは思いつつもその時はそれで終わったんです。

 

夕食時何故か口に入れた食物が右側に寄って行く。

 

変だなと思いつつも食事を終えて、入浴して頭を洗っているとやたらと右目が滲みる。

頭を漱いで、鏡で顔を見てみると顔の右半分が動いていないorz

 

その時は顔面麻痺が治るまで3週間ほどかかりました。

 

昨年末の日曜日いつも通りいつもの川の土手ををウォーキングしていて、昼間なのに珍しく人影もなく気持ちのいい日だったので口笛を吹こうとしたら音が出ない。

 

ギョッとして慌てて顔に触ってみたけど顔は動いてるように思える。

スマホで顔を確認したけど麻痺はしていない。

でも口笛は出ない。

両手で顔を挟んでもう少し口周囲に皮膚全体を寄せるとかすかに音が出る。

 

衰えってこんなとこにも出るのかと衝撃でした。

 

という話をある医師にしたら

「俺も」

「え゛?」

「(口笛が)出ない」

 

とりあえず私は言語聴覚士に自主トレ用のメニューを作ってもらい、リハビリに励むことにします。

105756 20240201 1630

105780 20240202 1630

こんなこと

遠藤

勉強会しました

2024年1月30日(火)

先日、おおはら雅の郷で、職員向けに車いすの勉強会を開催しました

今回は講師の先生に来ていただいて、体に合った車いすが大事なこと

合わない車いすにはリスクがあることなどわかりやすく

実際に車いすを使った体験を交えて話していただきました。

 

入所、通所問わず

リハスタッフ以外にも介護職や相談員さんも参加してくださり、

驚いたり感心したり、そうだったと初心に返ったり、心に響きました

職種関係なくどの参加者にもいい勉強会だったと思います

 

リハスタッフにとっては知っているはずの内容だったりすることも多かったですが

それでも、そうだった、あーこうなるんだ、こんなに違うものか、こういう時はこんな方法もあるんだ

仕事に慣れてどこかに置き忘れていたことをもう一度意識しなおすことにもなり、

自身の知識や意識をアップグレードできたと思います。

 

ただ言葉で聞いた研修は、フーンそうなんだって知識にはなるが、

その後、今一意識に上がってきません。

でも、実際に体験を通した研修はその時に実感できるし、納得でき、

その後もあんなことあったと振り返りやすいんだと思います。

参加した職員にはなにがしか各々、身につき、心に残り、明日から生かせる勉強会だったのではないかと思います。

 

でも何より、講師の先生方はやっぱり説明も話も上手いので、

話が分かりやすく面白いのはもちろん

同じ体験でも、しっかりその差を感じさせてくれました。

 

私は、なぜかスタッフたちにはそうは思ってもらってはいないようですが、

実際とっても緊張しいなので、あんな風に自分もできたらいいのになって思ってしまいます。

いろんな意味で役立つ勉強会でした。

どんなこと

橋本

禍難

2024年1月17日(水)

高校3年の2月。受験の真っただ中で登校日でもなかったのでいつもより遅めに起きてテレビをつけたら「ホテルニュージャパンの火災」一色でした。

翌週には受験で関西方面に行く予定だったので投宿したら、いの一番に非常口を確認するよう親に言われたのを覚えています。

 

その翌日起きてテレビをつけたら「羽田沖墜落事故」の実況中継でした。

どういうわけか、関西方面へは飛行機でも新幹線でもなくフェリーで行く予定だったので墜落の心配はないと考えたのを覚えています(何かあれば、溺れる心配はあったわけですが)。

 

禍難は重なる。

 

元旦からの連日の禍事で40年余りも前の受験生の頃のことをそんな風に思い出してしまいました。

 

いまだ連日能登半島地震の報道が続く中、29年目の阪神淡路大震災の日を迎えました。連日というわけではありませんが2か月後にはサリンの事件が起こっています。サリンの事件と同じ3月には東北の震災です。

 

他にも1月にはチャレンジャーの事故が起こっています。

 

私の頭の中では1月から3月の間は事故や事件、災害が結構記憶されているようです。

どんなに嫌な記憶、楽しからざる記憶でも忘れられない、忘れてはいけないもののように思います。

 

先日書いたように私が年明けよりも年末が好きなのはそういうこともあるのかもしれません。

105468 20240117 1630

105565 20240122 0900


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

タグ