京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

どんなこと

橋本

禍難

2024年1月17日(水)

高校3年の2月。受験の真っただ中で登校日でもなかったのでいつもより遅めに起きてテレビをつけたら「ホテルニュージャパンの火災」一色でした。

翌週には受験で関西方面に行く予定だったので投宿したら、いの一番に非常口を確認するよう親に言われたのを覚えています。

 

その翌日起きてテレビをつけたら「羽田沖墜落事故」の実況中継でした。

どういうわけか、関西方面へは飛行機でも新幹線でもなくフェリーで行く予定だったので墜落の心配はないと考えたのを覚えています(何かあれば、溺れる心配はあったわけですが)。

 

禍難は重なる。

 

元旦からの連日の禍事で40年余りも前の受験生の頃のことをそんな風に思い出してしまいました。

 

いまだ連日能登半島地震の報道が続く中、29年目の阪神淡路大震災の日を迎えました。連日というわけではありませんが2か月後にはサリンの事件が起こっています。サリンの事件と同じ3月には東北の震災です。

 

他にも1月にはチャレンジャーの事故が起こっています。

 

私の頭の中では1月から3月の間は事故や事件、災害が結構記憶されているようです。

どんなに嫌な記憶、楽しからざる記憶でも忘れられない、忘れてはいけないもののように思います。

 

先日書いたように私が年明けよりも年末が好きなのはそういうこともあるのかもしれません。

105468 20240117 1630

105565 20240122 0900

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

タグ